【トモダチ作戦】波乗りを通じた関係です。17歳年下の男の子に誘われたのですが、友達と呼べるのでしょうか?




出会いは職場から



サーフィンをやっているとゆう事で、新しく繋がる人間関係ってのはよくある。

ぼくは職場ではいつも、「ぼくは仕事よりもサーフィンを優先して生きている」と宣言しているので、みんな呆れるほどに受け入れてくれていて、「今朝の波はどうだった?」とサーフィンをしないボスからも聞かれたりするほどの、素晴らしい環境に身を置いている。

そんな感じで、Vanitas restaurant シェフのディランから、サーフィンのお誘いがあったので今朝行ってきた。

ディラン「他のシェフから、ヨウイチはクレイジーなぐらいサーフィンが好きって聞いたんだけど?」

ぼく 「そうだねぇ、まぁ好きだしこれがライフスタイルになってるからね。息抜きだとか仕事とのバランスなんかは、一切考えてないだけだよー」

ディラン「Oh~Cool! いいねーそうゆうスタイル。そんなヨウイチと一緒にサーフィンしたいから、どうだい近いうちに?」

ぼく「いいよー。サーフィンの誘いは断らない主義だからねー」





サーファーズパラダイスでサーフィン


とゆうことでディランとの初セッションは、サーファーズパラダイスのビーチ。

車を持ってない彼に合わせて、近所でのセッションとなった。

誰も入ってない、オンショアでバンピーな海に向かってパドルアウト。

相当小波だと思ってたのだが、アウトに出てみると楽々オーバーヘッドのセットが入ってきてた。

男二人でギャーギャー騒ぎながら、危ない波にも突っ込みまくりで、ぼくは自分のボードへのダメージが心配になったほどだ。

まぁ波もそんなに良くないし、初めてのセッションとゆうことで小一時間で終了。

ゴールドコースト育ちのくせに、こんなに朝一の海に入ったのは初めてだったとゆうディランは、海から上がった後もテンション上がって興奮気味。

ディラン「ヘイヨウイチ、明日からも毎日一緒に入ろうぜ!」

ぼく「まぁいいけど、そんなに毎日ビーチでは入れないよ、たまにはバーレーやスナッパーに行かなきゃならないからな。」

ディラン「Oh~Cool! 全然付いて行くぜ、やっぱ仕事前のサーフィンは最高だな」

とまぁこんな感じで喜んでもらえたので、一緒に入って良かったなぁと思った。



ちなみに「一緒にサーフィンしようぜ!」と誘ってきたディランは、ぼくよりも17歳も年下の20歳。。。。

オーストラリアってさ、基本的には年齢不問で人間関係が始まるから、先輩後輩といった感覚が一切無いのだ。

でもまさかこのぼくが、20歳の若造と一緒に遊ぶとは思わなかったなぁ。

奥さんからは、「日本人は若く見えるから、向こうはオジサンと遊んでいると思ってないんじゃない?」って言われたけど、それも微妙。

ディランが20歳だと分かった瞬間に、なんだか妙な違和感を感じてしまったのは、やはりぼくが日本人過ぎるからだろうか。

明日もいい波ありますように。

キーワードで検索