【波の伝説】サーフィンってのは自分の思い通りにならないところが、調子が良くても悪くても楽しいんだよなぁ







サーフィンってのは自然相手のスポーツだからなかなか自分の思い通りにはいかないもんなのだ。

そうゆうところがサーフィンの魅力であるのは間違いないんだけど、時には予期せぬグッドライドに恵まれたりするもんなのだ。




今朝の波乗りはすごく調子が良かった


波のサイズはアタマくらい。

コンスタントにブレイクするビーチブレイク。

水温は26℃くらいでとっても温かい。

テイクオフがめちゃくちゃ早い。

ボードが良く走る。

混雑してるのに自分だけがたくさん乗れる。

これらのポジティブ要素が一度にやって来たのだ。

こんなの数ヶ月に一度くらいなんじゃないかな。

もう今日は仕事に行かないで、あのままずーっと海の中に居ようかと思ったくらい心地良かった。




波が良くても全く乗れない時もあれば、こうやってファンウェーブを思いのままに乗り回すこともできる日があったりして、ほんとサーフィンって面白い。

このDHD Project 15もボロボロになって来てて、最近ではガレージで休んだままになってたんだけど、今朝からまたレギュラーボードに昇格することになった。





もう使わないかななんて思ってたのに、今朝みたいないいライディングをさせてもらえるなら、またこれからしばらく乗ろうと思っている。

自然相手のスポーツ、サーフィンってのは自分の思い通りにならないところが、調子が良くても悪くても楽しいんだよなぁ。

さて明日もいい波あるかな。




キーワードで検索