【強いグリップ力】サーフワックスは海を汚さない上に、グリップ力の強さが大事。Eco Surf Grip Mad Wax






Eco Surf Grip Mad Waxとゆうネーミングと、ロゴデザインが好評中のサーフワックス


一般的に売られてるワックス(例えばSEX WAXとか)は、パラフィンとゆう石油系の材料が使われており、海の水質低下を呼び起こすと言われている。

で、Eco Surf Grip Mad Wax。

通称Mad Waxなんだけど、これは蜜蝋とココナッツオイルやヘンプオイルと松脂を混ぜ合わせて作っている。

これがSEX WAXなんかと比べても、全然劣ってる気がしないんだよねぇ。



いつからか、気が付いたらぼくはMad Waxしか使わなくなった。

かれこれ8ヶ月以上前から使っているんだけど、自分の家のガレージで作ったものとは思えないくらい品質が高いんだよね。

しっかりとグリップが効いて長持ち。

そして真夏のゴールドコーストの車の中に放置してても、一切溶けないんだよね。

もちろんワックス自体もボードに塗ったワックスも両方、高温に強いのだ。

だからぼくはこんな暑い毎日30℃な日々を送っていても、ワックスは車に積みっぱなしなのだ。





最近では少しずつファンも増えてきているんだけど、って言っても近い友人ばかりで、みんなお金を払ってくれないからちょっとあげ渋ってるんだけどね(笑)

Rocket Ace-eco Surfboardsのシェーンルークが構えるファクトリー&サーフショップがアシュモアにあるんだけど、そこでもEco Surf Grip Mad Waxを取り扱ってくれているのだ。

そして先日彼から連絡が来て、追加でもっと入荷して欲しいとゆう嬉しい依頼があったのだ。

なんでも彼のファクトリー&サーフショップに映像系の取材が入るらしく、そこでぼくのEco Surf Grip Mad Waxも紹介してくれるとゆうのだ。

とゆうことで今朝はサーフィンした後に、うちのガレージ(Mad Waxのファクトリーな)でワックスの製造に励んでたって訳。

朝のサーフィンはSpitでちょろ乗り&ボディーサーフィンね。


天然素材配合のサーフワックス



Mad Waxはココナッツオイルから作られた「Mad Wax Coco warm」と、ヘンプオイルから作られた「Mad Wax Hemp warm」がある。

ぼくはCoco派なんだけど、シェーンルークはHemp派なんだって。

だから2種類のワックスを作ったのだ。

さて仕事から帰ってきたら夜には固まってるかな。

そしたらラッピングしてステッカー貼って、明日の午前中には配送できるかな。

毎日使っても海を汚す心配のない、そしてスーパーグリップで長持ちなMad Wax。

もし使ってみたい方がおられましたら、InstagramかFecebookからご連絡ください。



【Facebook page】

https://www.facebook.com/madwaxecosurfgrip/

【Instagram】

A post shared by Mad Wax (@madwax_ecosurfgrip) on




【今一番読まれている本】このブログを読まれている方からも、購入されてるよー。1日1冊ぐらいですが、衰えない人気が続いてるんだよ。






キーワードで検索