【DIY サーフボード】アライアサーフボードが3つの工程で簡単に作れる超スピードレシピ

この週末はアライアに挑戦


ロブがやってることはなんでもかっこいいんだから、真似したくなっちゃうよね。

アライアとは。

アライアとはフィンのない、木でできたとても薄いサーフボードのこと。そしてファイバーグラスもレジンも使わないスーパーエコなものである。
元々はハワイが発祥の地。

アライアサーフボードを作るのに準備するもの

  •  桐の一枚板($153~$179)
(長さ1820mm×幅470mm×厚み19~25mm)を用意する。トムウィグナーによるとアライアに適しているのは桐材である。英語ではPaulownia。しかし軽くて水に浮くならどんな木材でも使えると言ってる人もいたので、まずは手に入りやすいものから始めてみよう。
  • 作業台 サーフボードファクトリーにあるものが最適だろうけど、そこそこ安定感のある台であればとりあえずなんでもいいはず。
  • ランダムサンダー(ワット数260W以上を推奨)
  • サンドペーパー(#60、#120、#240、#400、#600、#800)
  • サンディングホルダー
  • ノコギリ
  • カンナ


  • コーティングオイル・亜麻仁油(Boiled linseed oil)とミネラルスピリット(Mineral spirits)1対1

  • 簡単工程ワンツースリー


    1. アウトラインを切り取ってカンナで削り、好きなようにシェイピングする
    2. サンディング
    3. オイルコーティングを施す。水分の吸収による材質の劣化やボード重量の増加を防ぐために、コーティングによる防水処理が必要になる。ニスやスプレーで適当に済ますこともできるが、やはりここまでやったなら天然素材にこだわり、亜麻仁油(Boiled linseed oil)によるオイルフィニッシュとゆう選択をしたい。ハワイの本来のアライアにおいても、使用後はオイルを塗って日陰に吊るして保存されていたということから、日々のメンテナンスは必要になる。


    まとめ

    たったこれだけの工程だ。日曜大工が得意な人なら半日もあれば完成させることができるだろう。サーフボードとしての性能はともかく、自分で削ったボードでパドルアウトして波を追いかけることを想像しただけでワクワクしてくるのはぼくだけではないはず。週末の波が無い日に作ってみてはいかがでしょうか?





    参照webサイト kiri-alaia.clickyourstyle.com, www.wavetribe.com