ぼくがサーフィン中に使っているタイドウォッチはニクソンのこれ!

NIXON SUPERTIDE スーパータイド




サーフィンに時計は必需品な

サーフィンは自然の中で時の流れを忘れて楽しみたいものなのだが、少しでもたくさんのいい波に乗るためには時計はあったほうがいい。

ぼくが使っているのはNIXONのタイドウォッチなんだけど、
[ニクソン]NIXON ウォッチ SUPER TIDE(スーパータイド)Sky Blue
これのおかげで潮の動きや、サンライズとサンセットの正確な時刻が分かり、それにコンペサーファーには絶対に必要なヒートタイマーが搭載されているのだ。

サンライズとサンセット


ぼくは朝一サーファーなので何時に朝日が昇るのかがまず気になるところなんだけど、仕事中だろうがなんだろうがすぐにチェックできるのが助かる。
今朝のサンライズは6時32分だったので、早ければ6時12分にはパドルアウトを始めれるとゆうことが分かってくる。
自分は毎日同じ時間に起きて同じリズムで生活しているんだけど、太陽が昇り、朝が始まる時間ってゆうのは毎日変化しているのだから、こういった機能があると助かる。



タイドグラフ

ぼく自身、本当の事言うと潮の満ち引きについては全く理解が出来てないのだ。ただ自分の中では潮が満ちてると波が割れにくかったり、サイズアップしている時は波のパワーが上がっていたりするとゆうことくらいは感覚として持っている。

このタイドグラフはパッと見るだけで、今何が起きてるのか一目で分かるから使いやすい。
海の中で波待ち中にセットが入って来ない時は、このタイドグラフを見てみるとちょうど満潮や干潮で潮の動きが止まってるなって分かったりする。
漠然と海の中で波を待っているよりも正確なデータを元に判断をする習慣を身に付けると、また波に対する理解が深まるのだ。

ヒートタイマー

このヒートタイマーの機能はめちゃくちゃいい。ディスプレイ全体に数字だけが表示されるので、サーフィンの試合中にでも一瞬で時間の経過を確認できるのだ。

さらにコンペに出ないサーファーにでもこの機能は使えるのでフリーサーファーにもおススメだ。
海の中での波回りって、ある程度はリズムとゆうものが存在しているのだけど、それをこのヒートタイマーを使ってタイミングを計ることができるのだ。
ぼくはいつも15分に設定していて、セットが入って来たらタイマーをスタートさせる。そして次のセットが入って来たら間隔が何分空いたのかを覚えておいて、その次のセットが入ってくる時はしっかりと準備をできるなどとゆう使い方ができる。

それともう一つはもう帰らなきゃとゆう時、最後の一本がなかなかやって来なかったりするでしょ?そんな時はこのヒートタイマーを使ってタイムオーバーになれば諦めようとゆう使い方もできるのだ。


おススメ度は10点中7.5くらいかな


[ニクソン]NIXON ウォッチ SUPER TIDE(スーパータイド)Sky Blue

値段が3万円を超えているので正直安い時計ではない気がするんだけど、まぁニクソンだしこんなもんかな。これだけサーファーにとって使える機能が入っていれば、必需品としてのおススメ度はちょっと高めの7.5とゆうことにしておいた。
シンプルなデザインなのでカジュアルな普段使いでもいけるし、いつでもどこでも潮の動きを把握しておけばいい波に乗れる確率がグンと上がるはず。