【ゴールドコーストあるある】サーフィンの為に始業時間を遅らせてもらってますが何か?




波乗りせぬ者は働くべからず


朝起きてスマホで波チェックはいつものパターン。

しかし今朝は残念ながら、昨日から分かってはいたのだが、パッとしない感じだった。

ライブカメラで見るとD-bahは昨日よりも若干サイズアップしてたかな。

でも今朝は向こうの方まで行く時間がない。

予定よりも少しだけ、仕事の始まる時間を遅らせてくれたぼくのボスからの心遣いは、朝のサーフィンの時間を取れるようにとのことだった。

なのでこのまま、「波はありませんでした」では仕事に行きづらい気がする。

とゆう事でとにかくビーチに行ってみて、運よく波があればパドルアウトし、やっぱり無ければボディーサーフィンでもしようとゆう事で、家から一番近いマイアミビーチに行ってみた。




やはり波は無かったね。

ビーチは賑わってたなぁ。

人がたくさんいて、ホリデーシーズンなんだってのが一目瞭然。

右も左も前も後ろも、砂の上に横たわってるのも波と戯れているのも、みんなビキニのおねぇちゃんばかりだ。

え?ビキニってただの水着でしょ?下着じゃないんでしょ?

それは分かってる。しかしそれらの何が違うんだ?

最小限の面積のみ有している薄っぺらい布切れだとゆうのは、全く同じじゃないか。

だからそっちばかり見ちゃうのもしょうがないし、後ろ姿がセクシーダイナマイトなボンキュッボンを発見し、前から見てみると実際は75歳のおばあちゃんだったなんて事に落胆するのも、この夏のビーチでは当たり前の出来事なんだと思うんだけどね。



まぁさておき、海に飛び込むとゆうのは気持ちいもんだ。

身体が海に包まれた瞬間に、ぼくの身体の全神経が反応してテンションの一番高いところまで一気に昇り詰めるからだ。

ウッキーだとか、どぉあ~気持ちい~!なんてゆう言葉が出てくるのは自然な事なんだよね。

この気持ち良さは他では味わえないものなんだと思う。ってゆうか陸の上でもこれと同じような感覚を楽しめるものがあるなら、ぜひ教えてもらいたい。

いやいや、無いよねきっと。



波が無い日でもこうして海に足を運んで、水温が許すのであれば(今朝は22℃)ちょっと波と戯れる。

そしてまた最高な一日の始まりになるね。

あぁこれでボスの顔も立つよ。他のメンバーを差し置いて、ぼくだけ始業時間を遅らせてもらってるんだからね。

あぁ明日はいい波やってきますように。





キーワードで検索