【ゴールドコーストのベストサーフビーチ】違いが分かる? D-bahの波は極上なんだよね。




サーフィン道場のディーバー



ゴールドコーストにおいて、とにかく小波な時はD-bahに行くのが間違いない。

だってうねりを寄せ付けるビーチだもん。

どこもかしこもフラットでも、ディーバーに行けばそこそこな波がクォリティ高めでブレイクしてくれるのだ。

だから少々混んでても、ここの波に乗りたいって言う人が多いのは分かる。

混んでるからD-bahは嫌だって人は、そこら辺のビーチとの波の違いが分からない人なんじゃないの?

トッププロも、キッズもビジターもごちゃ混ぜになっていつも混雑しちゃうのは当然といえば当然なんだよね。

だって今日みたいな小波でも、技がバンバン入る力強い波がインサイドまでしっかりと続くんだもんなぁ。



一方スナッパーロックスでは。



Morning of the D-bah




今朝も行ってきたD-bah。

コンディションはちょっと怪しくて、オフショアがたまにイーストに振れたりして、海面がボヨついていた。

30分で上がろうと思ってたのに、波チェックしてた時よりも全然いい波がやって来てて結局1時間超も入ってしまった。

今日のサーフィンはとにかくフローを意識して、リラックスしたスタンスでのライディングを心掛けてみた。

自分的にはいいライディングが出来た瞬間もあったと思ったんだけど、Goproの映像を見る限りではそうでもないか(笑)



しかしこのDHDのSweet spot 2.0。

本来ならばステップアップボード、つまりポイントブレイクのデカ波用なのに、こんな小波でもすいすい走ってくれる快適ボード。



今日一番気持ちよかったライトでのトップターンは、テールのレールがしっかりと切り替わりトップからボトムに下りる瞬間にスピードが上がるのを感じた。

一瞬だけだが、確かにトップターンが綺麗に出来たのだ。

ほんの少しの小さなことなんだけど、今までにないフィーリングを経験するとテンション上がるね。

周りの友人たちにもこれは今までのベスト3に入るボードだ!
って言いまわってるんだけど、間違いないね。もしかしたらマジックボードなのかもしれないね。


最後に一言、人のラインに入って来てドルフィンスルーをする時は足を水面から出さないで潜るようにしようね。

この下の映像の人、もう少しで轢いちゃうとこだったんだから(笑)



キーワードで検索