【3日坊主を打破したい】サーフィンの為の水泳トレーニング3日目で、記録は50m49秒



マイアミスイミングプール



何事も3日目が挫折しやすいのだとおもう。

3日目にやらなくなるのか、3日やってみてそこから続かなくなるのか分からないが、とにかく3日坊主とゆうのはいつでもぼくのそばにまとわりついている。

もしこの3日坊主ってのがなければ、誰でもみんな好きなことに熱中し、あわよくばプロフェッショナルになれるのにな。

ぼくの座右の銘は継続は力なりなので、続けることは得意なのだが、この3日坊主ってやつには今でも悩まされているし、これからも縁を切ることは無いだろうと覚悟はしている。

さて今日も元気に水泳トレーニングに行ってきた。



サーフィン水泳トレーニング900m


メニューは基本よりも軽くしてみた。

だって昨日はこなせなかったんだから、無理する必要なないよね。

最初は続けることが大事なのだ。

  1. ウォームアップ300m クロール50m6往復 
  2. クロール300m 50m×6本
  3. クロール100m 50m1往復 
  4. クールダウン200m 平泳ぎ50m2往復 100m×2本

3日坊主になりかけたぼくの言い訳



家を出るまでがちょっと大変だった。

泳ぎたい気持ち60%に加えて、残りの40%は色んな言い訳が出てくるのだ。

昨日の疲れが残ってる。

仕事に差し支えたらどうしよう。(実際昨日は集中力抜群で調子が良かった)

お金が勿体ないかな。(利用料5ドル90セント約500円)

ボードショーツしか持ってない。

混んでてレーンが空いてないかもしれない。

などなど、自分でやりたいと言い出しておいて、いざやるとなるとこれだけものくだらない言い訳が思いついてしまうのだ。

こうゆう所が人間くさいともいえるのだろうが、こういった弱い部分がぼくは大嫌いなのである。

あくまでも自分の事ね。人の事はどうでもいいんだよね。


環境に任せてモチベーションアップ


ここのスイミングプールは雰囲気がいい。

周りではライフセーバーや、プロの水泳選手からジュニアたちなどがガチで泳いでて、一緒の水に入っているだけでモチベーションが上がるもんなのだ。

コーチたちがジュニアたちに向かって叫んでるのも聞こえてくる。

Kick and pull

Keep your eyes in front

ぼくもつられてスタンスを矯正しようとするから、やっぱここは通う価値ありなスイミングプールだと感じている。

黒と赤の長い針がグルグル回り続けている、あの変なタイマーを見ることにも少しは慣れてきたので、自分の泳ぎを計測することに。

全力のクロール、飛び込みなしで50m泳いだ結果はなんと!

49秒/50m

これは泳いでるとゆうより、カレントに流されてるだけなのでは?(笑)

まぁ恥さらしはこれぐらいにしておいて、継続は力なり。

どこまでできるか分からないが、いつかはこのトレーニングの成果がサーフィンに出るように、頑張っていきたいと思う。

キーワードで検索