【サーフィンレポ】ディーバーならなんとか乗れる波があった今朝





ちょっと風向きが南東寄りになったので、弱々しい風波が入ってきた。

しかし、ほとんどのサーファーにとってわざわざ早起きしてまで海に行くほどの波でもない。

当然ぼくの中でも、さぼり虫が活発に活動し始めているとゆうこともあり、しれーっとノーサーフにしようと思ってたのに、呼ばれたので行ってしまった。



ディラン君(20歳)とコーリーさん(42歳)は同じ職場のシェフたちだ。

普段思いっきりハードワークしているのに、なんでこんなにも毎日海に向かおうとするのか?

今日も忙しいんだからゆっくり寝てりゃいいじゃん。



なんて思ったので奴らに言ってみたら、

「サーフィンをした後は仕事がはかどるよ」ってお前がいつも話してるから、俺たちもこうやって頑張ってるんだよって言われてしまった。



全く、シェフをやってるような奴らって、なんでこんなに単純でアグレッシブで、やると決めたらとことん楽しむぞみたいなのが多いんだろうか。

まぁおかげ様で、ぼくも思った以上にすっきりとした朝を迎えることができたんだけどね。





今朝のディーバーは超小波




風が水面を押してできた波なので、テイクオフしてちょっと進んで終了みたいなゆるーい波。

こんな時はシングルフィンが大活躍。

そして前からやってみたかった、フィンの位置を一番前に持ってきた。

これで板が動かしくなるはず。



って思って張り切って波に乗ったのだが、なんか乗りにくかったな。

波が小さいからあれなんだけど、波を切るようには走ってくれないのね。

真っすぐ走って横にスライドみたいな感じだったかな。

ボード自体も全く違うものに感じたね。

ま、ちょっと違った事を楽しめるのも、こういったシングルフィンのいいところだね。



クリスマスが過ぎたら、サイクロンシーズンの始まり


さてローカル達との間であいさつ代わりに話しているのは、この夏最初のサイクロンはいつやってくるのかなってこと。

もうそろそろ気配を現わしてもいい頃なんだけどなぁ。

このままだとニューイヤーサーフも、パッとしない感じで始まりそうな感じ。

今年はあと何回サーフィンできるかなぁ。











キーワードで検索