【小波でもハイパフォーマンス発揮】腰腹サイズのD-bahでも、DHDのSweet spot 2.0が調子いい件


DHDのSweet spot 2.0は、波乗りをエキサイトさせてくれるボードだ


どうせ波は小さいんだってゆう気分で起きた午前4時半。

サンライズは4時42分だからもう明るいんだよね。

波情報ではうねりがほとんど入ってきてないって事だったので、悩むことは何もない。

こんな日は手っ取り早く、ディーバーに行くのが一番だ。

うちのベッドルームに風が入ってくるときは、SWのオフショアだってことが分かってるので、もしかしたらフラットもあり得るとゆう不安を抱えつつ家を飛び出した。

車で走ること約25分。QLDとNSWの州境にやってきた。ここまで来るとスマホがNSW側のサマータイムをキャッチして、時計を1時間進めてくるからちょっと焦る。

ボケーっとしてる間に時間が過ぎてしまったのかと、勘違いしちゃったよ。


ディーバーでのワンサイズアップを狙う。




なんか肩がずっと痛いし、しょうもない波だからチョロっと乗って帰ろう、なんて思いながらパドルアウト。

一緒に入ったディランとセバスチャンの、キャピキャピしたテンションがウザいなって感じたのは最初の10分だけだった(笑)



来たときはヤバい位のコナミだったのに、ぼくらが上がる8時までのあいだにどんどんサイズアップしてきた。

セットでムネカタの波が入ってくるファンウェーブデイとなったこともあって、ぼくのテンションもどんどん上がって行ったのだった。


人数も15から20人位だったので、波待ちが短く乗りたい放題。

最近はこのDHDの、Sweet spot 2.0が手放せなくなってしまった。



本来ならばサイズアップしたポイントブレイク用のはずなんだが、小波でもすごく走るじゃないか!



スムーズなターンも決まるし、気分は最高だった。




やっぱり短いボードよりも長さがある方が、ドライブが効いて波のパワーを掴みやすいから、波に合わせたスムーズなターンが入りやすいんだよきっと。

当たり前だけど、6'0もあればテイクオフも早いしね。



やっぱりDHDはすごいね。波乗りをエキサイトさせてくれるそんなボードだね。

明日もいい波ありますように。




キーワードで検索