キーワードで検索

【11月のゴールドコースト】サーフィンは北風は入る朝の8時までがベストコンディションを狙える。








夏になると北風が吹きやすくなる


北風が入るとゴールドコーストの波はアウト。

チョッピーで全然ダメになる。

唯一できるとしたらスピットかな。

でも朝の8時までに海に入ればグッドコンディションにありつける確率が高い。



今朝のマイアミ



波予報では1ftとなっていたのだが、実際にビーチまで行ってみないとどんなもんなのか分からない。

どんな時でも期待は思いっきりしていたほうがいい。

もし波が外れても「自然相手なんだからそんなもんだ」と受け入れる大きな心を育むことができるからだ(笑)

さてマイアミビーチである。

波予報はばっちり当たっていた。1ftどころか、手のひらサイズほどしかなかった波。

よく見るとSUPの2人が、フィーとレギュラーに割れる波を楽しんでいたではないか。

他を見渡しても、こほど波がブレイクしているところはなかった。

とゆうことで申し訳ないが、SUPの間にお邪魔して乗らさせてもらうことにした。





SUPの近くでサーフィンする時に気を付けなきゃならないのが、奴らに近づきすぎないこと。

波に乗る時はもちろんそうだが、プルアウトする時にボードから飛び降りるやつもいるのだ。

そしたらあの大きなボードが空中に放り投げられて、っちまで飛んでくる恐れがある。

あんなデカいボードに当たったら、けがすること間違いなし。

だからどんな時でもSUPには近づかないし、ゲッティングアウトの最中でも後ろに回り込まないように、注意しなければならない。

SUP二人の間に割り込むようにしてラインアップに並んだぼくは、ガツガツする気は一切なかった。




だってぼくが乗っても前乗りされるのがオチだからね。

だから最初のセットはもちろん奴らに譲って(後から来たのだから当然な)、ぼくは2つ目のセットに乗った。

ヒザくらいの波だったが上手くプッシュしてくれたおかげでインサイドまで走れた。

もうこれだけで大満足。












Apple watchの無料サーフィンアプリ、Dawn Patrolでの計測結果は、時速19.1㎞で40m走っていた。

このアプリではグーグルマップと同じ航空写真で自分のライディングの軌道が示される。

これをサーフィン日記代わりに残しているのだ。

便利なんだよこれ。

あとからまとめて見直したり、SNSでシェアして友達に見せたりして楽しんでるよ。

サーファーならではの自己満を満たしてくれるアイテムだね。

明日も波乗りできるかな。