【マジックボード】サーフボードを選ぶ際に考えてみた、自分がどんな波に乗りたいのかってことを。





マジックボードは自分で決める




サーフボードを探すときに必要なのは、どこの波でどんなライディングをするためのボードが欲しいのか。

それをはっきりさせておかないことには、いつまでたってもマジックボードには出会えるはずがないと思っている。

とゆうことでここから先は、ぼくが乗りたい波のことを書いていきたいと思う。







バーレーポイント





バーレーポイントの奥、シャーキーズにパーフェクトブレイクが出現する時。

サイズがダブルまでいくと、ぼくのレベルではスムーズなテイクオフが効かなくてレイト気味になってしまうので、この部分を解決してくれるボードが欲しい。










スナッパーロックス






スーパーバンクのスタンディングチューブでも、波のフェイスで弾かれないボード。

パワー満点の硬いフェイスにレールを食い込ませて、パワーゾーンをしっかりとキープできる要素があるボード。

レールやコンケーブ、ロッカーやテール、フィンのことなど色々あるね。

自分のスキル云々はこの際考えないで、メカニズム的に合ってるボードが欲しい。















これらの波がある海にぼくを連れて行ってくれる。

そしてぼくのメンタルが許す限りに、そして果てしなく挑戦させてくれるボード。

海との波動と自分のフィジカル、メンタル、そしてサーフボードがピッタリと合った時に、ぼくは大きなチューブの中を走り抜けているだろう。

誰もが驚くような波にチャージしてるんだってゆう現実が欲しい。


予期せぬマニューバーを描かせてくれるボードや、小波でもスピードが出てテイクオフが早いボードってゆうのはマジックボードって呼ばれるんだろうけど、ぼくにとっては自分の挑戦に付き合ってくれる、そしてアウトに出てチャージする時でも心から信頼できるボードがあるとしたら、それがマジックボードってやつなんだろうなって思う。

実はこれまで自分のやりたいサーフィンってものがいつもブレていたので、ボード選びの際もずっと迷いっぱなしだった。

しかしこれからしばらくは、この考えでやっていこうと思う。

バーレーやキラで4-5ftの波が炸裂している時に「このボードがあるからぼくは自信をもってチャージできるんだ」ってボードを探しに行きたいと思う。











  • バーレーヘッズでのデカ波サーフィン過去記事


【サーフィンゴールドコースト】バーレーローカルさえも振り返らせた、シャーキーズのディープドロップからメイクした波で、気分爽快な朝を迎えた今の気分。
https://www.spirit-kooks.com/2018/04/surfing-burleigh.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014

【DHDサーフボード】ハイパフォーマンスボードの3DVをテストライドするチャンスをゲット。まずはファーストインプレから。
https://www.spirit-kooks.com/2018/03/proudly-handcrafted-dhdsurfboards.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014

【サイクロンGita】Day2 5ftレーヘッズでパドルアウト、パドルイン。ダブルのロングバレルを制するローカルボーイズ
https://www.spirit-kooks.com/2018/02/surfing-burleigh-gita-day2.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014









SNSもフォローしてください。 

ツイッター @yoichi_4218 
インスタ@yoichikurokawa
フェイスブック 個人アカウントYoichi Kurokawa
サーフィンブログSpirit Kooks こちら
サーフワックスも作ってますEco Surf Grip Mad Wax

キーワードで検索