【リアルな話】ゴールドコーストで家族5人暮らし。家賃と食費、光熱費以外の生活費








物価高のゴールドコーストで暮らすために最低限の次に必要なもの





大黒柱であるぼくはもちろんサーファー、職業は調理師。

年収はクイーンズランド州平均の約75%だから、ちょっと低いのかも。




家族構成は38歳のぼくと、専業主婦の奥さん、長女6歳、次女3歳そして長男0歳の5人家族。

ご覧の通り、うちはごく普通の家庭です。

そんな普通の日本人家庭なんだけど、生活費以外にかかる費用って気になるところ。

できればぼくも、他の家庭の事情を教えてほしいくらい。




よその家庭を覗き見したい気持ちって、ちょっとはあるよね?

自分と比べて参考にしたいなど、聞きづらいネタなだけに教えてくれるのなら聞きたいよね?



ゴールドコーストでサーフィン中心で暮らしながら、いったいいくらお金を使ってるのってな感じで、公表していきたいと思う。




食費や家賃などをさらしてしまうと、家族みんなが丸裸になってしまうのでここでは省略。





【2018年】1ヵ月分の生活費リスト



  • デイケア週2日            $344
  • スイミングスクール週2回       $98.50
  • Amazon Music Unlimited        $11.99
  • オンラインで読むローカル新聞 $24.00
  • プライベート医療保険              $56.95
  • 車両保険                 $62.41
  • インターネット              $59.99
  • 携帯電話2人分             $205.65
  • Life insurance             $28.00
  • インターネットセキュリティ  $4.50
  • バイクレジ                $43.00
  • 車レジ               $60
  • 絵本レンタル                  $16
  • マッサージ                $80



合計 $1094.99










まとめ

これがゴールドコーストで暮らすための出費リストである。

このリスト以外にも家賃か住宅ローン、食費、光熱費なども必要である。


ぼくや奥さんは成人してからずっとゴールドコーストで暮らしているので、自分たちの経験から日本の生活と比べるのは難しいが、優雅にはまだ届かないけど、苦しいと感じることはほとんどない。



これでサーフィンライフを維持しながら家族が生きていけるレベルなのだ。




ぜひともお宅の出費と比べてみてください。

こんな情報でも参考になれば幸いである。

みなさんの興味がページビューに反映されれば、また書いていこうかなと思う。







他にも読みたい生活に関する人気記事




サーファーの離婚率が高い?ぼくが実践している幸せな結婚生活とサーフィンライフの秘訣
https://www.spirit-kooks.com/2018/10/blog-post_26.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014

英語を話せるようになるために毎日コツコツやるべきこと
https://www.spirit-kooks.com/2018/10/english.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014

【必見英語動画】ゴールドコーストに留学中のスーパーキッズサーファー。飯田航太の英語力がヤバい
https://www.spirit-kooks.com/2017/11/goldcoast-iidakouta-surfing-english.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014




キーワードで検索