キーワードで検索

サーフィンうまくなりたい? って全然海に入ってないよね? とにかく毎日入らないと上達しないよ。








もっともっと海に行こう



環境が全てなのは分かるけど、サーフィンしてなさすぎる。

ぼくもまだまだなんだけど、「サーフィン上手くなりたいんですけど。」ってな相談を受けることがある。

なんでぼくレベルに相談?

別にいいんだけど。

まぁほんといつも思うんだけど、そうゆう人に限ってサーフィンしてなさすぎるんだよね。

腹立つぐらいに。

サーフィンが上手くなりたいと願うなら、もっともっともーーーっと海に入らなきゃ上手くならないよ。

五十嵐カノアは、毎日10時間もサーフィンしてたらしいよ。

まぁぼくらはプロサーファーじゃないし、仕事や家庭があるからそういったところを考慮しなきゃならないんだけど、それでもがんばって毎日30分は海に入ったほうがいいね。

毎日30分のサーフィンを続けれないでひぃひぃ言ってるようじゃ、お話にならないね。

「そうはいっても海から離れたところに住んでるんだから、毎日行けるわけないじゃん」

ってひともいるんだけど、実際このゴールドコーストとゆう海の街に住んでても、そんな言い訳がましいことばっかり言って全然海に入ってない人、ほんと多いから。




タイミング


なぜ毎日海に入るべきなのかとゆうと、サーフィンはタイミングが大事だからだ。

サーフィン上達のためには、いい波に乗ったほうがいい。

そのいい波に当たるタイミングを掴むためには、週1,2日のペースではとてもじゃないけどタイミングを掴みきれるとは思えない。

サーフィンが下手でも毎日通っていれば、いい波に当たる確率はぐんと上がるのだ。

そして毎日通っていると運良くいい波に当たることがあるんだけど、その経験が積み重なってくると、そのうち狙って当てれるようになってくる。




乗らなさすぎる


サーフィンが上手い人って、波にめちゃくちゃ乗るんだよね。

次から次へとポンポンって。

普段海に入ってない人は海との波動も合ってなく、波も読めてないからまったく乗れてないんだよね。

サーフィンが上手くなるためには、とにかく波に乗らなきゃ。

波待ちしてる時間をもったいないと思って、どんどん波を追いかけたほうがいい。

ぼくは調子のいい時には、1時間で20本以上の波に乗っている(調子のいい時は)。

まぁサーフィンのスタイルにもよるけど、とにかく波にはたくさん乗らなきゃ。





ご案内


よういちって誰?

こどもが3人います。

月10万円ほどの生活費出費リスト

インテリアBookは3500円から

5184円で超軽量リーシュコード