キーワードで検索

【読書レビュー】ワークシフト 貧困と孤独から自由になる働き方の未来図 2025






波が無い日は読書




久しぶりに本を読み切った。

なんで久しぶりなのかとゆうと、サーフィン中心の生活で本を読む時間が少なかったからなのだ。

最近は波が無いので、気になる本を一気読み。

今夜やっと読み終えたのが、「ワークシフト」とゆう本。








読もうと思った理由



ぼくがこの本を読んだ理由は、これから先のグローバルなビジネスシーンにおいて、自分はどうすればいいんだろう?ってゆう漠然とした悩みのようなものを抱えていて、その答えがあればいいなって思ったから。




著者

著者のリンダグラットン氏は、ロンドンビジネススクールの教授で、世界のトップビジネス思想家15人の1人に選ばれている方。



要約


本の内容を大雑把に書くと、グローバルが進む世の中において必要とされる働き方とはいったいどうゆうものなのかとゆうのを、楽観的と悲観的な視点の両方から書いてある。

漠然と迎える未来には孤独で貧困な人生が待ち受け、主体的に築く未来には、自由で創造的な人生がある。

それのどちらになるかは「ワークシフト」によるものだと、著者のリンダグラットンは説いている。





サーファー的感想




2025年には、ますますグローバル化が進み、しかもインターネットを介して世界中の50億人がつながり合うようになって、1日24時間、週7日休みなしで仕事に追われるのが当たり前になる。著書ワーク・シフトより抜粋


やはりこんな時代が来るのかと思った。

だって今でも、仕事こそは家から通勤で昔と変わらないスタイルだが、その他の時間はすっかりオンライン上のことに使ってしまっている、自分がいるんだもんね。

フェイスブック、インスタ、ツイッターにブログの閲覧からオンラインサロン等々。

ショッピングなんかも、オンライン上のやり取りだけで品物が届くシステムに、すっかり馴染んでしまっている。

ぼくが20歳だった2000年にノートパソコンが家に来た、あの時からグローバルな社会へと変化してきて、ここまで来たんだなぁと実感している。









エネルギー資源の枯渇と地球温暖化に関する観念が高まれば、工業主導の経済成長が減速することは避けられない。エネルギー消費の少ないライフスタイルに転換し、遠距離通勤をやめて職住接近型の生活を選び、飛行機をあまり利用しなくなければ、それも悪くない。 著書ワーク・シフトより抜粋

やっぱり未来を語るにおいて、エネルギー資源は避けて通れない。

ぼくもサーファーである以上、この辺の関心は少し高いほうだ。

エネルギー消費の少ないライフスタイルは、ぼくが追い求めるものであり、この本ではそれほど掘り下げて書かれてないが、ぜひともそんな世の中になって欲しいと心から願うばかりだ。






まとめ



時が流れるだけでやってくる未来に不安もあるが、大いに期待もある。

10年先の事なんてあるはずもないのが普通なんだから、今を生きるのがいいとゆうのがぼくの人生のポリシーでもあるのだが、だからこそこの本を読んでよかったと思う。

このまま明日だけを見つめて、漠然と迎えた未来が孤独で貧困だったら辛いじゃない。

だったら主体的にしっかりと、「こんな未来がやってくるなら、自分はこうしようか」などと考えて、自由で創造的な人生を迎えたいよね。




この本は、アナログ人間を自負する人にはちょっと読みにくいかも。

もちろんこれからの未来を大きく切り開いていく若者たちには、是非とも読んでもらいたい。

未来のために、知っておくべきことがいくつかあるんだってことを、分かって欲しいな。






【ぜひおすすめ】

グローバル視点な人、テクノロジーの未来にワクワクする人、先が不安だなって思ってる人、読みやすくてためになる本を探している人におすすめです。









【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!