【ゴールドコースト波乗りレポ】バーレヘッズはサイズアップ、サンライズに合わせて入れば混雑を避けれるのでおススメ。



おかげでターンが簡単。



見た目よりもメローなブレイク

サンライズは5時55分、ゾロ目になった。

波は期待していた通りに少しサイズアップしていた、朝一番のバーレーヘッズ。

風はオフショアでグラッシーコンディション。

波のサイズは軽くオーバーヘッドだったが、メローなブレイクでチューブはなかった。

ゲッティングアウトしてから気づいたのだが、流れが半端じゃなかった。

戦意喪失するレベルで、ピークのブレイクスポットに近づけば近づくほど、前からやってくる流れに押し戻されて、鮭が川に戻っていくのを想像してしまった。

それでもなんとかラッキーが重なって綺麗にブレイクするセットの波に乗れたのだった。












バーレーローカルにいつも感謝



ここのローカルは本当にフェアだと思う。どんな奴がピークから乗ってもそいつがマナーさえ守っていたら誰も何にも言わないのだ。

だからぼくはいつも、ヘッドランドの先のさらに奥のほうのシャーキーズの波を狙いに行けるんだよね。

まぁローカルが優しいからと言って乗れもしない波に乗ろうとしてボードを引いたりしてたんじゃ、誰も譲ってはくれないんだけどね。




ゲッティングアウトした瞬間に流される先





早起きは波乗りに最適だ



ぼくが乗った波は4本だった。海の中にいた時間は40分くらいだから、まぁコンスタントに乗れたほうだと思う。

今日のコンディションはカレントがほぼ最強でパドル祭り真っ只中なのを除けば、けっこういい波だった。

それでグラッシーだったんだから波取り合戦は必須なんだよね。

それでもぼくがこうしてコンスタントに乗れてる理由は、「早起き」しているからだ。

決して一番乗りではないが、サンライズに合わせて海に入っている。

みんなが起きてくる前に入っちゃえばいいんだよ。





パワーはあるがそそり立たない波だった。





週末はオフショアになる



さてこのオンショアが続くのは明日までかな。

それから風は北寄りに変わって週末はオフショアになる予報。

サイズダウンに合わせて、今度はビーチブレイクが楽しくなりそうな予感である。

明日もいい波乗れるかな。



【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】



アラジンサンダルはメイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無くかなり履きやすい。
さすがメイドインジャパン。そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。





【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】



この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。
ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!