【サーフィンの神アプリ】Dawn Patrol、Apple watchで今朝の波乗りを数値化、時速24.9㎞/hrを記録したシングルフィンとビーチブレイク


DVSと陽一




サーフィンしながらApple watch装着中



小波なりにもいい波にありつけた時って、めちゃくちゃ得した気分になるのはぼくだけではないはず。

それが誰にも気づかれていないエンプティーブレイクだったら尚更ハッピーである。

そして海にハイテクを持ち込むべくApple watchを装着して波乗りに挑んでみてるのだが、程よいアプリが見つかって、自分のライディングが数字で記録できるようになった。

これもまたサーフィンを違った角度から切って覗くことができると思うので、これからの波乗り×ハイテク=Apple watchが楽しみである。








駐車場もガラガラだった。








サーフィンアプリ Dawn Patrol


無料で利用できるアプリはiTunesからダウンロードし、Apple watchと同期をして使用できる。

リップカールのSearch GPSと同じ機能で、自分が乗った波を記録することができる。

トップスピードやライディング距離を計測、海から上がってiPhoneと同期すればポジショニングや何時何分にどの波に乗ったのかをチェックできるので、上達のヒントを見つけだすための復習に役立てることができる。

ぼくはトップスピードを計測できる機能を使って、どのサーフボードを使えばより速いサーフィンができるのかとゆうのを検証していきたいと思っている。

ちなみに今朝のサーフィンはビーチブレイクでシングルフィンを使ったのだが、36メートル走った4本目の波で、時速24.9㎞を記録している。









美しいアウトライン






DVSのシングルフィン



あまりにも小波で、それにグラッシーコンディションとゆうこともあってシングルフィンを引っ張り出してきた。

1ヵ月以上前にワックスを剥がして以来乗ってなかったのだが、久しぶりに乗るとやはりこのボードはすごいんだってのを思い出させてくれた。

ボトムでしっかり踏ん張ってからのトップに駆け上がるあの感覚は、ショートボードでもフィッシュボードでも体感することのない、シングルフィン独特のものなのだ。

それが最高に気持ち良かった。







これは早いセクションを抜けた時だな。




これは最後の波に乗った時。






サーフィンを数字で記録



アプリの計測によると今朝のサーフセッションは26分6秒で、乗った波は5本、波に乗った合計の距離は249m、時間にして1分にも満たない54秒間だった。

これらを計測したからといって直接スキルアップに繋がるものではないが、これまで感覚で記憶していたライディングを、これからはしっかりとした数字で記録していくことができるのがすごく楽しく思えるのだ。

新発見だったのが、ビーチブレイクの小波でも1本の波で36メートルも走ってるってのが分かったこと。

海の中って距離感を掴みにくいんだけど、こうやって数字で見えると分かりやすいね。

明日もいい波乗れますように。






【サーフィン×ハイテク】

本当はすごく気になるあの人からの連絡も、波待ち中にこっそり確認できるので余計なストレスを抱えなくて済むんだよね。








【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】


アラジンサンダルはメイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無くかなり履きやすい。
さすがメイドインジャパン。そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。 







【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】


この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。
ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!











キーワードで検索