【サーフィン オーストラリア】バーレーヘッズで乗った波が、その朝いちばん大きなセットだったので遠慮なく乗ってきた件。






サイズアップすれば興奮して慌てるのがサーファーってもんである



どうせ小波だろうとタカをくくり、
シングルフィンを抱え
近くのビーチにいったらびっくりしてしまった。


昨日よりサイズアップしてて、
どっかーんってワイドに割れていたからね。


もうこれを見た瞬間に
車に乗り込み急いで移動。


バーレーヘッズに行き先変更したんだけど、
その前に家に戻って
ボードを取り換えにいったもんだから
慌てる慌てる(笑)


こんな時に自分の前を走る車がトロトロしてたら、
何の因果なんだろうって考えちゃうよね。


まぁきっと、
これ以上先を急ぐべきではない
ってゆう波動になってるんだろうな。


ってゆうことで到着した
バーレーヘッズ。


いきなり入ってきたセットに慌てさせられ、
着替えながらiPhoneで動画撮影。











そして空いてた手でワックスアップ。

ほんと、ちょっと波が上がったぐらいで
すぐに興奮しちゃうんだから、

まぁこれが、
サーファーって奴なんだよって
いつか息子にも話そうと思う。











おかげさまで、この朝いちばんの
大きなセットに乗ることができた。


びっくりするくらいデカくて、
シャーキーズへ向かって
ちょっと奥からパドリングで移動していたところへ
ポンって入ってきた。


もっとも奥から乗った
ローカルのおやじが潰された瞬間に、
遠慮なく乗らさせてもらった。



ミドルから慌ててゲッティングアウトしてきてた
15人くらいのサーファーたちの間を縫いながら、
その彼らの羨ましそうな顔を
一つ一つチェックしながら、
長ーくバンバンに張ってくる
波のスロープの上で心おきなく、
できる限りの大きなターンをさせてもらった。








Apple watchのアプリ、Dawn Patrolの記録にはこう残った。

時刻 6時50分
時速 33.2キロメートル
距離 135メートル
波に乗ってた時間、18秒間
使用ボード DHD Sweet spot2.0









 
こんな日はさっさと上がるのがいちばん。

波数が少なかったし、
ほかの誰よりもいい波に乗ったのを
ローカルたちも見てたんだから、
タコ粘りはダメだよね。


1本だけで大満足。


今日とゆう日を生きててよかった。

ベストライドの思い出をまた更新できたよ。

さて明日はもっといい波に乗れるかな。









【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】


アラジンサンダルは
メイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、
ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無く
かなり履きやすい。

さすがメイドインジャパン。
そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。 







【最近の中で特におすすめの本】

引き寄せの法則に沿って
自分が望む人生を手にすることができるのであれば、
ぼくが望む未来には
毎日好きなだけ波に乗れる
サーフィンライフの中で生きてゆきたいって思うんですよね。
それが半分以上は叶ってるからこそ
もっと強力なものにしていきたい。

だからこの本を読みました。











キーワードで検索