買ったばかりのApple watchを【海にハイテクを持ち込みたい願望】サーフウォッチとして使った今日のサーフィンは2ラウンド! 


アプリを使って、サーフィンを記録中。


夕方のほうがいっぱい波に乗れた件



海にハイテクを持ち込むなんてけしからん、なんて言わないで頂きたい。

ワールドツアーも人口の波、(あれもハイテクでしょ?)でやるようになったんだから、まぁそんな時代がやってきたってことなのである。

海でも使えるApple watchは、アプリを使って波乗りの記録が残せるだけでなくなんと、電話を掛けることもできるのだ。

ただそれがしたくて買ったApple watchを、知識そこそこたいして分かってないうちに、サーフィンに持って行ったのだ。












朝の波。

夕方の波。









Apple watchで海の中から電話



今朝の波はマイアミで北うねりのがバラバラにブレイクしていて、チョッピーなんだけどオフショアのおかげで幾分乗れる波もあった。

しかしうねりの向きと地形が全くマッチしてなかったので、フリーフォールなテイクオフからボトムに着いた瞬間に一気に崩れてしまって、走るところがなかった。

せっかく持ってきたツインフィッシュも大して出番なく、そしてApple watchの方は慣れない着け心地でなんか嫌だった。

海の中から奥さんに電話しようと思ってたのに、波乗りに夢中になって忘れてたのでその辺のレビューは無し。










朝はフィッシュで。

夕方はショートで。









サーフアプリは課金



夕方も空き時間を見つけて、家から一番近いところで入水。

ノースウェストの風が朝からずっと吹いてたので、さぞかしいいコンディションなんだろうと期待して行ったら、しょぼい波がしょぼい感じで割れてるだけだった。

でも朝よりも波数は多く乗れたんだよね。

だって自分の足のように使えるDHDのSweet spotで入ったから。

今試し中の波乗り記録アプリによると、38分間のセッションで乗った波の数は8本。

スピードや波に乗った距離などは、課金によってアップグレードすると記録される仕組みになってる、このアプリ。

試しにApple watchから家で待つ奥さんへ電話を掛けてみようと波待ち中にやってみたのだが、電波が途切れてうまくいかなかった。

まぁタイマーをセットできたし、時刻の確認もできたので時計としては役に立つかな。

ってそれじゃあ普通のサーフウォッチでいいじゃないか。。。 

ハイテクは慣れるまでに時間がかかるんだよきっと。

慣れたら最強だな。

明日もいい波乗れますように。                              







【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】



アラジンサンダルはメイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無くかなり履きやすい。
さすがメイドインジャパン。そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。





【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】



この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。
ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!












キーワードで検索