【サーフィン】基本テクニック、ホレた波にチャージする前に確認しておきたい3つのこと。









全てはチューブライドのために

言い続けないと現実化されないので、今日もことばにしておこうかなと思う。

ぼくはチューブの波をパーフェクトにメイクしたいんだ。

ほんとうに、それだけの為に波乗りをしていると言っても過言ではない。
とゆうことは、チューブな波に乗るために必要なことってのがあるはず。

うん、確かにある。持論だがあるにはある。
それはズバリ!パドリングなのだ。

カレントに逆らう時など、ぼくのパドルは基本的には遅いほうなんだけど、
テイクオフの時はたぶんそんなに遅くないと思う。

バーレーヘッズのシャーキーズの奥でブレイクする、ヤバい波にもチャージできてるからね。

チューブのメイク率は低いんだけどさ。
まぁとにかく、パドリングは重要なんだってこと。

じぶんの方法でゴールドコーストのパワフルな波に年がら年中チャージしてるんだから、これぐらいのことは自信をもっててもいいはず。

他にもひつような要素はたくさんあるのだが、まずはパドリングを向上させないことにはどんな波にも乗れない。

だから今日は、速いパドリングでホレた波にチャージする前に確認しておきたい3つのことを書いていきたいと思う。←マジで持論だからね。

















サーフィンの基本テクニック、パドリングとは



引用先 サーフィン@マガジン
https://www.surfersite.com/lesson/paddling_dolphin.html
パドリングとは「漕ぐ」という意味です。サーフィンで言うところのパドリングとは通常の歩行と同じで、ショートボードやロングボードなどは腹ばいになって手でパドルします。>このパドリングが上手く、なおかつ楽にできるようになるとサーフィンの上達も格段にスピードアップします。サーフィンは波を追いかけたり、波と同じ速さまで速度アップしなくてはならない状況が多数ありますので、人が歩くことと同じくらいサーフィンにとっては重要な基礎になります。












パワフルな波があるゴールドコーストで、ぼくが意識しているパドリングのこと





1.肘を上に高く上げる

昔は力任せに全力で腕を振り回してたんだけど、
これだけじゃ速い波でのテイクオフの成功率が高くなかったんだよね。

やっぱ改善したいと思ってたからさ、いろんなテクニック本を読んだりしてきたんだけど、一番しっくり来たのが肘を高く上げるってこと。

肘を高く上げることだけに意識を持ってパドリングしてると、速く進むんだよね。

理屈は分からないけど、身体がそう感じてるんだよ。

実際の波乗りでも、ホレた波のテイクオフができてるからいいと思って、ずっと続けてるだけ。

もし詳しいメカニズムみたいなのを知りたい人はこちらを読んでみて。

ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法

今回のテーマはずばりパドル。ケリーのパドル映像を使い、パドル上達のメカニズムを説明してくれるのは、XSWIMとサーフィン・パドリング・アカデミーの創設者であるロブ・ケースです。 ロブは、水泳歴30年以上、サーフィン歴15年以上の人物で、特に水泳とサーフィンの共通点である水を漕ぐパドルに関してはプロフェッショナル。











2.アタマを下げる


テイクオフ直前、ボードが滑り始めたらノーズとアタマの高さをそろえる。

スピードを落とさないためには、波のフェイスとボードの角度を合わせなきゃならない。

だから単純に、ノーズを下げるとゆうことに繋げなきゃならないんだ。










3.波を蹴る


バタ足はしっかり力強くやったほうがいい。

パドルのスピードを上げるためじゃなくて、
波のフェイスとボードの角度を合わせるために、バタバタと波をキックしてテールを持ち上げるのだ。

だから2で書いた、アタマを下げる時のタイミングはほぼ同時。






波の速さやサーフボードのポジション、それにタイミングにもよるんだけど、
テイクオフに向かう時に滑り出しが遅れていると感じたら、その時は自分の後ろに波のフェイスが来てるわけでしょ、
そしたらそれをバンバンに蹴ってあげなきゃダメなんだよね。










まとめ

ぼく自身、水泳は得意じゃないし運動をメカニズムで覚えるのが苦手なため、
「やってみなきゃわからん、そしてリアルに学んだことが全てだ」
って考えているところがある。

なので今回紹介した3つのことは、あくまでも個人の見解だとゆうことを分かっていただければ、
まぁ余計な議論に誘われずに済むかなって思う(笑)

パドリングの話をしたのだが、これはあくまでもチューブな波にチャージする時、
ホレた波に乗るためにぼくがやっていることである。

小波や厚い波などでは、2も3も必要なかったりするので、そんなときは波任せでのんびりやるのもいいかもね。








【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】

アラジンサンダルはメイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無くかなり履きやすい。
さすがメイドインジャパン。
そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。




【最近の中で特におすすめの本】

引き寄せの法則に沿って自分が望む人生を手にすることができるのであれば、
ぼくが望む未来には毎日好きなだけ波に乗れる、そんなサーフィンライフの中で生きてゆきたいって思うんですよね。

それが半分以上は叶ってるからこそ、もっと強力なものにしていきたい。だからこの本を読みました。









キーワードで検索