【ゴールドコースト小波】フィッシュボードでトロトロ波。ヒザモモサイズを時速21.5㎞で爆走した朝。







Surfingにスピードが欲しい



ただそんな欲求だけでサーフィンに行っている、今日この頃。

最近の波乗りはマイアミビーチばかりなんだけど、理由はただ単に家から近いからとゆうだけだ。

今朝の波は極小で海の中は空いていて、SUPのおじさんと学校に行く前のキッズが数人固まって入ってるだけだった。

波のサイズはヒザモモしかなく、でもオフショアでグラッシー、サンライズはオレンジ色にギラギラ輝いてた。










Apple watch×サーフィン


最近、波乗りへのモチベーションは、Apple watchとサーフィンアプリDawn Patrolだ。

これを使って、波乗りの速さを計測するのにハマっているのだ。

ボードはRocket Ace Eco Surfboardsのフィッシュボードで、レトロなシェイプになっている。

さて今日は時速何キロ出るのか楽しみ、そんな事を思いながら海に向かったのだ。












記録


これまでに記録している最高速度は30km/hだ。

これはビーチブレイクでまぁまぁの波、ショートボードに乗ってフェイスの張ったセクションを駆け抜けた時に出た記録だ。

時速30㎞/hとゆう数字はたぶん凄くも何ともないと思うのだが、ポイントブレイクがPumpingした時に比べやすいからと、参考までに取ってある。











時速21.5㎞



今朝のセッションは、ほんの20分程だった。

だって波数が少なかったからね。

そして82m走ったライディングが、今朝のロングライドだったのだが、時速は21.5kmとゆう記録になっている。

もっとスピードを付けようと頑張ってアップスしたり、パワーゾーンでスムーズな動きを意識していたのだが、記録はこんなもんだったね。

さてさて、明日はもっとスピード出るかな。







【サーフィン×ハイテク】

本当はすごく気になるあの人からの連絡も、波待ち中にこっそり確認できるので余計なストレスを抱えなくて済むんだよね。








【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】


アラジンサンダルはメイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無くかなり履きやすい。
さすがメイドインジャパン。そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。 







【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】


この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。
ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!