【ゴールドコーストのローカル紙から抜粋】小学生の間で百日咳、Whooping cough、Pertussisが流行っている件について。







参照元 https://www.goldcoastbulletin.com.au/news/gold-coast/unvaccinated-children-at-palm-beach-state-school-told-to-stay-home-due-to-whooping-cough-outbreak/news-story/b5cb2a13e3ca2deca5335f630a91ea25





ゴールドコーストで百日咳が流行りすぎてる件



ネガティブな話題を取り扱うのは得意ではないのだが、これはあくまでもゴールドコーストの今を記録したい気持ちと、この件を知らない現地在住の方たちに伝わればとの思いで書いていく。





百日咳はウーピンコフと呼ばれている


毎年冬になると(6月から8月)流行するインフルエンザ。

それに加えて今年はWhooping cough(百日咳)が、ステートスクールに通う子供たちを中心に広まっているとの情報が、Bulletinで報道されている。


この新聞によると、「百日咳の予防接種を済ませていない児童、生徒はまもなくやってくるスクールホリーデーが終わる3週間先まで自宅待機するように」と報じている。

パームビーチステートスクールで、15人の生徒からパーチェセス(Pertussis)への感染が確認されたとのこと。

ちなみにWhooping coughとPertussisは同じものだと、ぼくは認識している。




うちではパックフェアやロビタンなどを避けようかと考え中


パームビーチステートスクールでは保護者宛てにレターを出しており、「予防接種をしていない子供は、10月8日まで学校に来ないように」と通達している。

赤ちゃんや未就学の子供がいる家庭では特に、他からもらわないように注意しなければならないことから、親が仕事を休んで子供と家にいることに決めた家庭もいくつかあるのだとか。


子供の健康に関しては家庭それぞれの方針もあって、結構センシティブでもあるのだが、これはあくまでも新聞を読んでいるぼくからの情報提供なだけであるのは了承していただきたい。

予防接種に関しても、世論に耳を傾けてみれば賛否両論が飛び交ってるのは思いっきり招致しているし、いいも悪いも本人が決めることなので、その判断と責任を負っている方たちへのリスペクトを示すとゆう意味で、この場ではそういった議論も一切行わないものとさせて頂く。

ちなみにぼくはWhooping coughの予防接種を3年前に済ませている。

まあとにかく、今現在のゴールドコーストでは学校に通う子供たちを中心にこんな健康の話題が上がっているとゆうことである。

ローカルニュースを見ない現地在住の方たちへ伝えたいと思い書かさせて頂いた。

どうか皆様の毎日が、健康でハッピーに過ごせますように。