お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法【サーファー的読書レビュー】乗りたい波に自分が乗っている姿をビジュアライゼーションすること。

気になったポイントを書き出したらこんなにあった。






富と健康と幸福を獲得し維持するための原則を教える教科書



サーフィン、ゴールドコーストで生活、家族、仕事、どれも自分の夢がかなった事ばかりでほんとに毎日が楽しいなぁって心から思う、そして感謝している。

これはぼくがいつも思っていることなのだが、「明るくて前向きな気分でいるほど大切なことはない」と自分に言い聞かせるのが波動の出し方なんだと、本書にも書いてあり、これからもずっと心掛けていこうと思っている。





【お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法】












ベストセラーとなった本書は、引き寄せの法則シリーズのお金の法則の決定版。

このサーフィンブログSpirit Kooksは、サーフィンのブログ。

サーフィンとお金って関係ないじゃないかって思うかもしれないけど、ぼくらのようなサーフィンをこよなく愛する人たちにも、サーフィンライフを向上させていき、人生をより楽しんでいくためにも読んでもらいたい良書なのだ。

金銭的に豊かになって波乗り三昧の人生を送りたい、って願うのもありだよね。







サーフィンはスピリチュアルアクティビティ。


ぼくがいつでもフォーカスしている、波との調和。

自然相手の波乗りにおいて、波と調和するとゆうのは宇宙と調和するのと同じことなんだよね。

そんな宇宙との調和は、「引き寄せの法則」と大いに関係しているのだ。

ぼくの場合、波がいい時は必ず海に入って自然のパワーを身体で感じていたい、そしてバーレーやキラでブレイクするソリッドなチューブをメイクしたいって、常に願ってるんだ。

引き寄せの法則にはこう書いてある。

こうなりたいという自分をビジュアライゼーションすること、こうなりたいという自分を見て引き寄せることだ


サーフィンのイメトレなんかは、まさしくこの通りの事なんだよね。

多くのスピリチュアル系の本が「行動の必要性」を強調してるんだけど、この本は行動のパワーは志向のパワーに比べればずっと小さいと書いてあり、ぼく自身は「なによりも行動派」だと考えてきたところがあるので、また新たな学びになったなぁと思っている。









著者

エスターヒックス、ジェリーヒックス

見えない世界にいる教師たちの集合体であるエイブラハムとの対話で導かれた教えを、1986年から仲間内で公開。お金、健康、人間関係など、人生の問題解決にエイブラハムの教えが非常に役立つと気づき、1989年から全米50都市以上でワークショップを開催、人生をよりよくしたい人たちにエイブラハムの教えを広めている。


吉田利子(翻訳)

訳書に、ニール・ドナルド・ウォルシュ『神との対話』シリーズ(サンマーク出版)









本の内容(ブックデータベースより)

お金持ちになりたいと思っていろいろ実践しても、なんの変化もない。それには理由があります。思考の波動の指標である「感情」をあなたは重視しているでしょうか?あなたの魂である「内なる存在」とあなた自身の見方は一致していますか?宇宙で最もパワフルな「引き寄せの法則」に基づく波動調整による願望実現と、自由、喜び、成長を求める無限の進化をあなたも体験してください。高い塔から見渡すように、世界がまったく違って見えてくるでしょう。








成功は行動よりも思考によってもたらされる



これまでずっと努力とゆう言葉を信じてやってきたぼくは衝撃を受けたね。

だって一生懸命の努力よりも、自分が何を考えてるかのほうが重要だって書いてあるんだから。

確かにそれは分かっていたんだよね、心の奥の方では。

それが急に湧き出てきたような感覚だね。



金銭的な成功に必要なのは、一生懸命努力したり行動したりすることではなく、思考を整えることだ。望むことについてネガティブな思考を差し出していながら、行動や努力で相殺しようとしても、それは不可能だ。自分の思考を方向づけることを学べば真の「エネルギー」の調整が持つ「てこ」の作用を発見できるだろう。本書より抜粋








感謝の気持ちをもって自分の環境を良くする



何事においても、繰り返される毎日の中にはマンネリして大切なものが見えなくなってることもある。

ぼくにとってサーフィンライフはとても大切なものなのだが、それを支えてるのは仕事である。

その仕事でのストレスや悩みなどを抱えていては、楽しい波乗りも楽しめなくなってしまう。

そんな時には次の事を参考にするといいかもしれないと思った。


仕事の環境をよくする最善の方法は、感謝という思考の波動パターンが支配的になるまで、今の場所のいちばんいいところにピントを合わせることだ。本書より抜粋









失敗をイメージしないでチューブライドに挑む



たしか2シーズン前までのぼくは、いつも恐れていた記憶がある。

キラやバーレーのチューブを狙う時、ワイプアウトをするイメージばかり想像していた。

だからどれだけ数をこなしても、ソリッドなチューブをメイクできることがなかったんだ。

まさにこの通りのことが起きていたんだと思う。

「絶対にメイクするんだ」と心に決めて挑んでいたら、いつのまにか成功率が格段にアップしたんだよね。

望まないことに向いているから、望まないことが続く。望む場所に行くには望まないことではなくて望むことに関心を集中しなければならない。本書より抜粋








キンドルで読んでるよ。









まとめ


思考のパワーの大きさで、全てが現実になるとゆう引き寄せの法則。

本書では富や健康、仕事のカテゴリーでボリュームたっぷりに書かれてあるが、やはりぼくはフリーサーファーるがゆえ、自分のサーフィンライフに当てはめて読んでみた。

ぼくが思うサーフィンは、海に持ち込んだセルフイメージと、波との調和をどれだけ合わせれるかがさらなるチャレンジへの扉を開くカギとなる。

こうなりたいという自分をビジュアライゼーションすること、こうなりたいという自分を見て引き寄せることが引き寄せの法則なのだ。







サーフィンもポジティブイメージを持つ

この言葉の通り、ぼくの頭の中ではバーレーの奥からブレイクするロングチューブか、キラでのソリッドで高々とそびえ立つチューブがいつも鮮明な映像で再生されている。

そしてそれをメイクした後の嬉しさも、想像してはニヤニヤとしていたりするんだよね(笑)

引き寄せの法則によると、これで実現できるんだってね。

そして何より大切なのは、明るく前向きな気分でいること。

まさしくサーファーだよね。

この本を読んでよかった。

自分の考えが後押しされて、そしてまた新たなこともたくさん学べたね。
向上心のあるサーファーの皆さんには、ぜひともおすすめの良書である。










【サーファー的読書レビュー】


望むことから始めて、望むことに関心を集中させれば思考は現実になる。スピリチュアルの原則を教える教科書である。







【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】



アラジンサンダルはメイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無くかなり履きやすい。
さすがメイドインジャパン。そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。





【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】


この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。
ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!