波乗りホリデー日記inゴールドコースト 7日目

水温18℃の海に入って体調回復





今日から南うねりが入って来るって何かで言ってたから期待して見に行ったのに、昨日よりもフラットだった。

帰ろうとしたんだけど、もしかしたらSpitまでいけば小波でも乗れるんじゃないかと思って向かった。

ブロードビーチ、サーファーズってフラットなビーチを見ながらさらに北へ進んでたんだけど何度引き返そうと思ったか。

Spitに着いてもまだ心のどこかで期待してるから、車を降りて海が見えるまではドキドキが止まらなかった(笑)

でもやっぱりフラット。ちょっと右の方でミラクルなバンクがあってそこに3人のサーファーが入ってた。ちょっとスライディングしてたのが見えたけど、なんか入っていける空気じゃなかったので遠慮した。




そのまま40分位ビーチウォークした。

昨日に引き続き足の筋肉痛がまだ止まない。疲れがどっしりと溜まってる感じかな。

だから走るのは遠慮しといた。

でもこんな日でもラッキーはあるもんなのだ。ちっちゃな灯台のある場所からクーランガッタを眺めていると、おっきなクジラが何度も跳ねてるのが見えたのだ。




午後はあまりにも暑かったので、リオが「ビーチにいきたい!」と言い出した。まぁ公園よりは楽しいかなと思い連れて行った。




最初は砂でお城を作ったりしてたんだけど、そのうち海に入りたいって言い出したリオ。

ニュースでも言ってたけど水温18℃だからね。4歳のリオなんかすぐに寒くなって凍えるだろうと思ったから一緒に入ることにした。

でも入ってみると大丈夫だった。リオは最初から全然平気だったんだけど、ぼくは水温の低さに縮み上がってたんだけど、肩まで浸かる頃には身体がポカポカしてきてむしろ温かく感じるくらいだった。

ゴールドコーストって真冬でも海で泳いでる人を見かけるんだけど、今やっとその快感さが分かった気がする。

海から上がった後の爽快感といったら他には比べようがないものだった。

気がつけばぼくの身体に停滞していた風邪菌が出て行ってて、なんだか元気になってた。




そんな調子で夕方になったら、ジムで思いっきりボクシングしていた。

思いっきり打たれまくったってのが実際のところなんだけど、なんか久しぶりだったし気持ちよかったな。



ボクシングって、普段どれだけちゃんとした練習をしてるのかが結果に出やすいスポーツだから、たまにちょっと打ち合ったりとかすると、自分への課題が見えてきたりして面白い。

いつまでも続けたいなって思う、サーフィンもボクシングも。


0 件のコメント :

コメントを投稿