波乗りホリデー日記inゴールドコースト 4日目






朝一番に向かったのはバーレーヘッズ。ナショナルパークでウォーキング、頂上まで行って水平線を見てみようとゆうことで、Daikiとリオも連れて行った。

まぁ波が無くて暇なのでとりあえずエクササイズがてらに。




バーレーヘッズの頂上にはOut lookがあって、そこからはクーランガッタやストラディーまで見渡すことができる。









風も波も無いこんな日はいつもよりも海が小さく見える。

水平線あたりが真っ白に光ってて、たぶん海の神様たちが集まってるんだろうなって思う。




そしてバーレーヘッズの朝はそれぞれの楽しみ方を持った人たちがたくさんいて、とても雰囲気がいい。





Daikiが買ってきてくれたエスプレッソ、リオにはベイビーチーノでゆっくりコーヒータイムを楽しんだ。





昼になっても波は上がらず、ってゆうかここしばらくは波が上がる要素が全くないもんね。これはきっと海の神様から頂けた、身体を休める期間なんだろうな。っていってもあまりじっとしてられない性格なので、次はチャリに乗って一人でロビタンまで行ってみることに。

別に用事はなかったんだけど、何分かかるのか知っておこうかなって思って。

結果は20分。途中で心臓破りの坂が3つもあったのは計算外だったけど、長い距離ではないかな。



 

ロビタンではコーヒーでも飲んでみようと思ってたのに、ハンドルに引っかけてたチャリのロックを道中で落っことしたみたいで、引き返さなきゃいけなくなった。

すぐに見つけることができたが、なんだかせわしない自分に笑えてきた。

夕方になってもやはりまだ動きたりない気分だったので、今日からジョギングでもするか。ってゆう衝動的なことをするのもホリデーならでは。




久しぶりなので3km位からやってみたが、一歩一歩踏み込むたびにサーフィンがうまくなりそうな予感。

ぼくは走ってる時は足の指からかかとが地面に着くときの感触を感じるように意識しているのだ。

まぁとにかく波はなくてもサーフィンに通じそうなエクササイズを繰り返しながら毎日を過ごそうかと思っている。

0 件のコメント :

コメントを投稿