波乗りホリデー日記inゴールドコースト 17日目





前乗りルールってのは、サーファー同士がぶつからないようにピーク側から乗った人が優先ってゆうものなんだけど、あくまでもこれは「優先」ではあって、「ヘイヘイヘイヘイ!」とドロップインしてきた人がプルアウトするまで叫び続けていいとゆうルールではないのだ。

今朝の波は満潮と重なってか、割れづらくダラダラした小波。Nobby's surf club前は週末の朝を楽しむおじさんサーファーがたくさん入ってた。

そこに入ってた若いアグレッシブなサーファー。ピークもへったくれもないワイドにダラダラ割れるビーチブレイクで、周りの空気も読まずに波を取りまくりでなんか嫌な感じだった。

のんびりやってるおじさん達に、「ヘイヘイ!」言いながら蹴散らしまくり波乗りしてた奴らをみて嫌になった。そんなところでやっててもつまらないので、一本乗ってすぐに上がった。



まだ身体が本調子ではないので、なんか心配になってきた。重い病気にでもかかってるのか?なんて思ってたが、小さい子供がいる家庭はこんな感じらしい。長谷川潤ちゃんファミリーでも、風邪が循環して大変だった時があったとか。うちの子もキンディーに行ってるから、何かしらもらってくるんやろうね。

だから今日は意識的に水を飲むことに。ゴールドコースト市が推奨している「一日に2リットルの水を飲むように」を実践してみたのだが、2リットルって結構多いよね。




このボトルで4本飲んでみたら夜には気分がだいぶましになっていてデトックス的な効果があったとか。

なんならついでにもっと気分を良くしたいってことで、洗車もしてみた。




気分が上がらない時って、掃除をしたり身の回りを整えたりするだけで調子が戻ったりするもんなのだ。




そこで働いている友達に誘われて、サーファーズのロースターがあるカフェ「Paradox」で色んな種類のコーヒー豆を紹介しているイベントがやってたので行ってみた。




初めて見るサイフォンに興味津々だったり、1kgあたり200ドルもするコーヒーをテイスティングさせてもらったりしたけど、自分的にはケニアのシングルオリジンをエスプレッソで頂けたのが一番おいしかった。

 

酸味と甘い香りがいいバランスだった。コーヒーをどう言葉で説明すればいいのか分からないけど、とにかく自分好み。


午後にはヤングファミリー定番の公園へ。混雑しててごちゃごちゃしてたんだけど、子供が遊ぶ場なので雰囲気は柔らかくて癒される。でもうちのキッズ達はあっちに行ったりこっちに行ったりで全然ゆっくりできずに慌ただしかった(笑)



公園が混んでる時って遊びたい遊具も順番を待ってなきゃならなく、そういった状況はキッズ達に「シェアすること、並んで待つ事、自分より小さい子が優先」などを学ばせるチャンスなのでちょうどいいのだ。




ぼくが特にうちのキッズたちに教えているのは、「自分より小さい子が優先と、駄々をこねてる子を先に行かせる」ってゆうところ。順番は順番でも、状況によっては自分は我慢して他の人に譲らなきゃいけない事もあるってゆうのはとっても大切なことなのだ。




これがちゃんとできていると、朝の小僧みたいになりふり構わず波を取りまくるなんてゆう恥ずかしいサーファーにはならないだろうね(笑)

0 件のコメント :

コメントを投稿