波乗りホリデー日記inゴールドコースト 12日目

普通な毎日が過ごせることへの感謝を忘れない毎日






もう少しでビーチに到着する時、他のサーファーの姿が見えると波への期待が高まるものだ。

しかし今朝はしょぼい波だった。




できなくはないけど、入らなくてもいいかなってゆうような小波。

満潮まで待てば、波が押されて入って来てもう少しましになるかなって思ったけど、オンショアに変わって結局ノーサーフになった。


リオをキンディーに連れて行く朝は、基本的にマリは家でお留守番させるようにしている。なぜなら、バックヤードにあるプレイグラウンドで遊ぶのが好きで、こっちが帰りたいタイミングで帰れなくなるからだ。



しかし今日はぼくの気まぐれで連れて行ってあげたのだが、マリはやっぱりおねぇちゃんより遊びに一生懸命だった。マリがキンディーに行くとみんな可愛がってくれるのだが、本人はそれがうっとうしいみたい(笑)すぐに集まってくる他のキッズたちを「ぎゃん泣き」で蹴散らしている様子がなんともおかしくて笑ってしまう。




一方のリオは、気分が優れないようですぐに横になっていた。こんな時は先生が何を言っても絶対に英語で返事をしない頑固な娘。それでもあきらめないで優しく対応してくれる先生たちには、ぼくら夫婦は心から感謝している。




家から遠いのでめったに行かないハーバータウンでショッピングとランチ。





野菜がめちゃくちゃ安いので行けば大量に買ってしまうのだが、それでも30ドルで済んだ。この辺のショップなら50ドルは超えただろうな。



6年前の今日はぼくら夫婦が結婚した日。あの時は季節外れのサイクロンがやってきて、せっかくチャーターしたクルーザーが出航しなかったとゆういい思い出がある。




何も特別な事はできなかったけど、今こうやって家族みんなが健康で過ごせてることに心から感謝。心身ともに健康でいられてるとゆうことは、ぼくの奥さんでありキッズたちのママであるあかねちゃんのお陰である。

いつまでも、かわいくて平和なクロカワファミリーでいられますように。。。。

0 件のコメント :

コメントを投稿