波乗りホリデー日記inゴールドコースト 21日目 ~David Fleay's Wildlife~


今日は近所の動物園へ






今更ながら言うけど、この10月は全然波が無い。

もしこの時期にゴールドコーストへサーフトリップをお考え中の人がいたら、全力で止めさせるべきだと思う。



Coastalwatchで波チェックして小波なのを確認して、朝イチはのんびりダラダラ過ごした。

独身の頃って波がない日は一日暇を持て余してたけど、キッズ達がいる今はやること満載で忙しく毎日がやってくる。



ゴールドコーストにはいくつか動物園があるが、その中でも一番マイナーな David Fleay’s wildlife parkに行ってきた。

ここはエントリー費が他と比べると格安で入りやすいのだ。





家から15分のところにありいつ行っても混雑しないとゆうこともあって、我が家では年に数回行く事にしている。

小さなキッズをお抱えのファミリーにはぜひおススメのスポットである。




定番のゾウやキリンこそ居ないが、コアラ、カンガルー、ワニ、カモノハシ、ディンゴ、エミューなど、オーストラリアの大自然で生きてる動物たちが、必要な数だけ集められている。



うちのキッズ達は、ワニとコアラ、エミューに夢中になっていた。

園内はこじんまりとした広さなので、ほんのほんの2時間もウロウロすればすべての動物を見つくすことができる。

その頃になるとキッズ達も疲れて来るので、その辺で帰るのがベターだ。






午後からはジム。サーフィンは波次第で出来るかどうかが決まるけど、ボクシングはいつでも行けるのでこんな波の無い時期はすごく助かる。




ジム帰りに見た夕焼けがキレイで運転しながら写真を撮ってみた。




一日の終わりの夕焼けがこんなに真っ赤な日は、それだけでラッキーな日だったと言えるかな。




ぼくの一日はこんな感じで繰り返されているのだ。それほどエキサイティングなことが起きないゴールドコーストでのサーフィンライフだけど、ちょっとしたことで幸せを感じれる。平凡でシンプルなライフスタイル。

0 件のコメント :

コメントを投稿