手作りサーフボードラックのレシピを大公開!


波がない日にたったの3時間で簡単に作れる





ゴールドコーストでローカルサーファーのガレージを覗くと、みんな手作りのサーフボードラックを持っててかっこいい。横着なぼくはサーフボードをガレージにポイってしてたのだが、波がない日に挑戦してみたら、結構簡単だった。

大切なサーフボードをガレージに転がしてたなんてサーファーとして恥ずかしいが、これで人に見られても恥ずかしくない立派なものが手に入った。

工作系は経験がないので手こずると思いきや意外と簡単で、二人がかりで取り組んでも所要時間は全部で3時間くらい。さらにサーフショップで買えるフィンガーグリップを使うと余計な手間が省けて、波乗りの合間に作れちゃうほど簡単にできるので、ぜひ挑戦してもらいたい。


必要な材料

木材 12本
釘 約50本
ビス 約10本
L字コーナー
フィンガーグリップ 4つ
サンドペーパー 
クリアースプレー
ビール4本
ハンマー



作り方

最初が肝心なのでなるべく気を使って、正確に木を合わせて釘を打ち込む









まずは外枠から



ボードを乗せる部分





フィンガーグリップを合わせていく。この製品は、釘やビスじゃなくてもあらかじめ付いている強力な両面テープで固定できるのだ。ぼくのやつは繰り返し使っているので、ビスをねじ込んだ。







いきなり完成







サンドペーパーをかけてツルツルにした





スプレーしてピカピカにした




まとめ

特に凝ったシロモノでもないのだが、完成させてみるとすごく立派なものに見えてきた。参考までに材料費なんだけど、木材だけで30ドルくらいでかなり安く仕上がったとおもう。ぜひみんなも挑戦してみてくれ。