キーワードで検索

工事遅れてるように見えるけど大丈夫?グランドオープンは2日後!?~ロビーナタウンセンターのキッチンズ~




11月3日、ロビーナタウンセンターに「The Kitchens」とゆう新しいコンセプトのフードエリアがオープンする。

50以上あるショップは、レストランからソーセージ、パン、デザート、シーフード、さらにラーメンなどの専門店がずらりと並ぶのだ。

広さはなんとオーストラリアフェアの1/2もあって、とにかく広くて大きい。

新しいフードスポットとして、かなり注目をされているのだ。


メディア向けのファンクションを行った時。ぼくの隣はオーナシェフのウィリアム。まだ工事中なのでヘルメットとベストは必須だった。


そしてぼくが働く「Fish Lab」もここの中にオープンするので、今まさに毎日、オーナーやヘッドシェフとミーティングにミーティングを重ねている。

予定では明後日の木曜日にグランドオープンさせるのだが、この写真を見てもらいたい。








ただの工事現場である。





ぼくらのショップがある所もかろうじて看板があるだけで、何屋さんが入るのかまったく予想もできない状態なのだ。


予定では10月17日からキッチンに入って、セットアップや仕込みに入ることになっていた。





今日は確か10月31日。

キッチンどころか、カウンシルの許可も下りてない状態で、いったいどうやってグランドオープンができるのか、全く分からないのである。









裏話では、もう誰の目にも10月3日にグランドオープンさせるのは厳しいだろうとゆうのは明確なのだが、それを言ってしまうと訴訟問題になり、つまりロビーナタウンセンター側が、レストランや小売店へ賠償金を払わなければいけなくなるとのことで、事態を曖昧にしているらしいのだが。。。








オーストラリアでは工事は予定通り進まないって聞いてたけど、まさにこうゆう事だったのだなと実感。


自分がオーナーじゃなくてよかった。








そしてこの国は雇用契約がしっかりしててよかった。

包丁を一切握らないでお給料だけ頂くなんて申し訳ない気持ちになるが、仕事はボランティアではないので受け取らなければならない。







食品を下ろしてくれる業者さんには毎日電話して「すんまへん、もう一日納品を伸ばしてください。まだぼくらのキッチンが出来上がってないんです」とやってるが、これが最近の主な仕事である(笑)







この「The Kitchens」はオープンしてしまえば、素晴らしい所になること間違いないのは絶対に言える。

最初はフードコートみたいな感じかなって思ってたのだが、どうやら「ビレッジ」のような感じでやっていくらしい。コンペティション無しで、皆が助け合うスタイル。

実際うちのショップの仕入れは、この「The Kitchens」に入るベジショップや、パン屋などから材料を入れる段取りをしているのだ。







この「The Kitchens」は今までとは違う所があって、なんでもこの敷地内であればアルコールを持ち歩き(もちろん持ち込みは出来ないが)ながら、それぞれのお店でテイクアウェイして、自分で集めたご馳走でテーブルを飾れるってゆうのが出来るみたい。

もちろん食べ歩きもしやすいスタイルになっている。






さらに「Fish Lab」では、レストランの席も用意しているので、そこではコースメニューとワインも楽しめるようになっている。

自分で書いててワクワクしてくるくらいだから、お客さんはもっとわくわくするだろうなって思ってるんだけど、工事の方がね。。。。

さて明日はキッチンに鍋やフライパン、グラスやお皿などをぶち込んでいく予定にはなってるが、果たして工事が終わるのか、この写真を見る限りは苦笑いしか出ないのはぼくだけではないはず。








0 件のコメント :

コメントを投稿