【海外 ゴールドコースト】おとこも分娩室に入ることをおすすめする、ぼくが父親になるために大事だった2つのこと。








だからぼくは父親になれた


さて男性のみなさんは、奥さんの出産に立ち会いますか?立ち合いましたか?





ぼくには3人の子供がいるんだけど、その3人がそれぞれ生まれた時、ぼくは分娩室で立ち会ったよ。

出産ってめちゃくちゃデリケートなシーンだから、あまり赤裸々にはかけないんだけど、あの場にいてほんとうに良かった。

あの場面を見ててそして、生まれたての我が子をすぐに抱っこすることができたから、自分も父親になるための心が芽生え始めたんじゃないかな。

だからチャンスがあれば、みんなやったほうがいいね。

ほんとうにおススメするよ。

「父親になる人は出産に立ち会うべき」だってことを。

これは父親としてのスイッチをオンにする儀式みたいなもんだ。

これからは子育てもしっかりと、やらなきゃならないんだからね。



黒川カノアがうまれた日
【海外生まれの日本人】ついに長男が誕生した。ぼくが息子にカノアと名付けた理由。
https://www.spirit-kooks.com/2018/08/blog-post_18.html
サーフィンブログ Spirit Kooks

うちは3人でおしまい


うちはカノアが生まれた時点で家族5人になったので、これ以上メンバーは増やさないことにした。

冗談抜きでこれ以上人数が増えると、家族運営が大変になっちゃうからね(笑)

なので、「4人目はどうなの?」なんて簡単に言ってこないでねー。

何度も言われたらその気になっちゃうじゃん(笑)

実は3人目の時もすでに3人の親であるサーフィンの先輩から、「3人目もいっといたほうがいいよー」なんて言われたもんだから、その気になってすぐにできちゃったんだよねー。






まぁそう見えるだろうなってのは分かる。

だっていいパパをやってるから。

でも正直に言うと、微妙なんだよね。

子供が好きかといえば、そうでもないと思う。

人んちの子供とか全然興味ないもん。

まぁ向こうから懐いてくる子には、懐つき返してかわいがるけどさ。

ただ小さくて可愛いとゆうだけで、「ぼくは子供が好きなんだよね」とは言わないタイプだってこと。

親として自分の子供たちのことは大好きだけど、人間を育てることの責任の重さをヒシヒシと感じているから、かわいいだけではないんだよね。










最近こんなことを考えている。

もしも出産に立ち会ってなかったら、父親としての愛とゆうか気持ちとゆうか、そういったものは育たなかっただろうなって。

いくら自分の子供だ、かわいいよだなんて言ったって、人間のお世話をしなきゃならないんだもん。


大変だよ実際は。






これまで自分の生きてきた経験から役立てるものなんてのは、ほとんどなにもないんだから。

毎日が学びであり、リアルな現場。新しく知ることばかり。
父親も父親愛みたいなのがしっかり芽生えると、バランスのいい幸せな家庭ができるんだろうな。









父親になるために大事だった2つのこと


1. 生まれてくる瞬間を見ること。


ぼくは子供たち3人とも見たよ、産道から人間が出てくる瞬間を。

人間って、ほんとうに人間の中から出てくるんだよ。

すごいなぁって思ったよ、偉大な行為なんだなぁって。

あの瞬間、まぁ瞬間っていえるほど簡単に過ぎていく時間でもないんだけど、はっきりいって男は何にもできないからね。

すること一切ないんだよ。

ぼくなんか椅子に座ってスマホいじってたからね(笑)

子どもを産むときって、女の人だけが頑張ってるんだ。

当たり前のことを言うけど、人間ってどうやって生まれてくるのかを目の当たりにすれば、リスペクトするようになる。

母への感謝ってゆうのかな。

生きていくうえでそれはなくてはならない感情なんだよ。






2. 生まれて数分後に抱かせてもらい、温もりと鼓動を感じること。


これは父親になるためのスイッチオンだと思うよ。

自分がもしこれをやってなかったら、子育てにコミットする気は起きなかったと思う。

だって大変なんだもん。

子供が好きって気持ちだけではできないからね。

もちろん持ってなきゃならないことだけど。

状況が親にさせてくれるんだけど、気持ちではすぐに父親になるってことはないんだよね。

子供が生まれたばっかでなんだか忙しそうだけど、すきあらばサーフィンに行ってやろうみたいなね(笑)

もし出産に立ち会わなかったら、ぼくはもっと父親らしさが薄かったと思う。

大変な時は、「君が産んだ子供なんだから」って無責任なことも言ってたかもしれない。

だから出産に立ち会って、生まれてくるところをしっかり見ていれば、いい父親になれるんじゃないかな。



家庭がうまくいってりゃ生きていくのも楽でハッピーだからね。

そのためにもいいパパになろうとしてみるのもいいんじゃないかな。






まとめ


もし出産に立ち会わなかったら、ぼくはもっと父親らしさが薄かったと思う。

大変な時は、「君が産んだ子供なんだから」って無責任なことも言ってたかもしれない。

だから出産に立ち会って、生まれてくるところをしっかり見ていれば、いい父親になれるんじゃないかな。

父親になる人も出産には立ち会うべきで、その理由を書いていく事で大切な何かに気づいてくれればいいと思ったので書いておいた。





関連記事:
育休もしっかり取ろうとゆうことでこちらも読んでください


【男も産休】オーストラリアのパパは仕事を休んで家族ケア。5週間でぼくがリアルに感じた3つのこと。
https://www.spirit-kooks.com/2018/09/australia-life-.html
サーフィンブログ Spirit Kooks








ぼくのプロフィールはこちら


【随時更新】クロカワヨウイチのプロフィール
https://www.spirit-kooks.com/2018/10/profile.html
サーフィンブログ Spirit Kooks







【ぼくの考え方に影響を与えた本】

生活の中に引き寄せの法則を取り入れてます。

自分が望む人生を手にすることができるとゆう考えのもと、幸せなファミリーライフをイメージしています。

そしてそれは確実に現実となって、ぼくらのもとにやって来ていますぼくがいつもポジティブでいる理由は引き寄せの法則の考えをもっているからなんです。

この本を読むと、ほんの少しだけ分かるかもしれません。


















キーワードで検索