キーワードで検索

【DHDサーフボード】ハイパフォーマンスボードの3DVをテストライドするチャンスをゲット。まずはファーストインプレから。



A post shared by Mad Wax (@madwax_ecosurfgrip) on








DHDサーフボード、3DVをテストライドからのインプレ






ぼくのようなフリーサーファーにとって最高のチャンス、それはニューモデルボードのテストライドだ。


乗りたいサーフボードは山ほどあるのになかなか手が回らないのだが、こうやってテストライドさせて貰える機会が得られるとなると本当に助かる。


それにぼくのブログでも検索流入からのアクセス数が多いのは、ボードレビューだからね。


今日から3日間ホテルの仕事が休みなので、サーフィンに専念することにした。


今回お世話になるのは、リップカールのバーレーヘッズショップ。













DHDのDemoボード



デモボードとして使わせてくれるのが、ミックファニングやステファニーギルモアをワールドタイトルに導いた、サーフィンワールドをリードするDHDサーフボードだ。


DHDのファクトリーはバーレーヘッズにあり、ここから世界を制するために日々進化したボードがリリースされているのだ。


ぼくも以前から何度もDHDボードに乗っており、他のメーカーにはないワンランク上のフィーリングを感じさせてくれるボードで、乗り換えるたびに自分のサーフィンレベルアップを感じさせてもらっているのだ。


さてそんなぼくが今回テストライドしたのはこちら。











DHDの3DVとゆうモデルで、サイズは5'9×19×2'3/18  28Lだ。

まずはこのボードについては、シェーパーダレンの話を聞いてみよう。







3DV Small Wave Shortboard by DHD from DHD Surf on Vimeo.



3DV、VはVコンケーヴを意味するものであり、DHDサーフボードのシリーズの中で唯一テールにVコンケーブが入っているものだ。 ロッカーは比較的緩やかで、そこにVを加えることによってレールトゥーレールがしやすく、イージーターンに繋がるようになっている。 スモールウェーブにおいても、波のポケットでのドライブの効いたターンが可能となる。フロント付近にはボリュームがあり、ノーズ付近までワイドになっている。テールの絞り込みはDX-1とすごく似ている。このボードはQSコンテストを周るサーファーに適しているだろう、ビーチブレイクにはとても相性がいい。さらにコンディションのいいポイントブレイクにおいても、パフォーマンスの高いサーフが可能となっている。










3DVに乗ったぼくのファーストインプレッション



28リッターのボードとゆうのは、体重70キロ弱のぼくにとっては若干オーバーボリュームに近い(あくまでもメーカー推奨)のだが、普段狙っている波が比較的大きいのと、パドルが苦手とゆう事もあり28Lでちょうどいいことになっているのだ。

しかしボードの長さが5'9とゆう短さからの不安感は否めなかった。

果たしてドライブは効くのだろうか?

3DV、テストライドに選んだのは家から一番近いマイアミビーチ。

夕方前の人が全く入っていない所で試したかったからだ。

波はすごく小さくて腰くらい。

うねりの向きが南で、ちょっと横殴りな早いブレイクだった。













3DVは一味違うと感じた



サイドオフが吹いていたので、とてもグラッシーだった。

ファーストインプレッションでまず初めに感じるのが、パドルでしょう。




5'9だからボードが沈むことを想像していたのだが、胸あたりに来る位置のボリュームがしっかり取ってあって、笑っちゃうくらいパドルが楽で、右へ左へ波を追いかけるのが楽にスピーディーだった。


このボリュームがテイクオフのイージーさの決め手となり、掘れたセクションからのチャージでもパーリングのプレッシャーを感じることがなかった。


若干オーバーボリュームに感じたのが正直な所なのだが、ボトムから小さなポケットでのスムーズ感が楽で、テールのレールトゥーレールを使ったターンは普通にハイパフォーマンスボードだった。


それからクローズセクションでのフォームクライムなんだけど、ぼくは本当に苦手で普段は失速してしまうのだが、このボードは一味違ったね。

テクニックもなんもないぼくでも、スープの上を滑ってちょっと向こうの先まで行けたんだから。

新しいサーフボードに乗るとテンションが上がり、いつもいい事しか言えないのが問題なのだが、悪い点は今のところ一切無し(笑)

ファーストインプレッションでの3DVは、小波なビーチブレイクで遊べて、さらにDX-1と同じようなハイパフォーマンス性を兼ね備えたエクセレントボードだった。

明日はもっといい波を見つけて、テストライドしてみることにするよ。






【サーフィンがもっと速くなる】

リーシュコードがついに進化した。軽くて柔らかい素材で足に絡まないとっても人気の商品。ゴールドコーストでも絶賛品薄状態が続いてるので、見つけしだい手に入れよう。









お知らせ


短期の観光でゴールドコーストに来る人。とりあえず何でもいいから一番いい波に乗りたい人、チューブライドしたい人。

ぜひぼくと一緒に行きましょう。