【一押しのアイテム】Amazonのアレクサを使って毎朝の波情報をゲット。アマゾンドットのレビュー記事。









ベッドの中から声をかけるだけで波情報をしゃべってくれるアレクサ。

サーファーにとっての、必須アイテムになってきたんじゃないのか。








オーストラリアだったら、ぼくが使っているCoastal watchがメジャーな波情報でかなり使える。


日本で使えるスキルなら「波情報」があり、関東エリアをカバーしているね。


波情報リンク
                                        投稿者 Yoshi U ⭐⭐⭐⭐⭐
                   







その他にもアレクサができることはたくさんある。




家で手軽に英語学習


アレクサの言語設定を英語にするだけで、英語で話しかける練習になる。

さらに英語学習用のスキルをインストールすれば好きな時に英語が学べる。


そんなスマートスピーカーですが、いろんな事ができちゃうんですね。その中でも英語(英会話)の勉強をする事もできます!そこで今回はAmazon Echo(アマゾンエコー)を使って、英語の勉強をする方法を紹介しましょう!無料のAlexaスキルを使えば簡単に始められちゃいます。Amazon Echoで単語・英会話など英語を勉強をする方法


一番上のインスタ動画の声の持ち主は、じつはぼくなのだ(笑)

毎朝ああやって英語で話しかけている。

アレクサを操作させるために流暢である必要はないが、きちんとした英語の発音に近づかないと音声認識がちゃんと反応しない。

何度も聞き返され失敗するたびに、自分なりに発音の仕方を変えたりしてネイティブに近い発音を目指している。



アレクサで音楽を聴く

「アレクサ、音楽流して」と声をかけるだけで、様々なジャンルから音楽をかけてくれる。
うちで使っている音楽聞き放題サービスはAmazon Music Unlimited

曲数豊富でリーズナブルなところが気に入っている



アレクサに音楽を再生させるには、単に「アレクサ、音楽をかけて」と話しかければいいだけです。アレクサはAmazonプライムのプレイリストから適当なものを選び、再生してくれます。その「音楽」を「楽しい音楽」「テクノ」「モーツァルト」「島唄」など、音楽の雰囲気やジャンル、アーティストや楽曲名を指定すればその音楽が再生されます。現状筆者が使っているのはAmazonプライムだけですが、Amazon Music Unlimitedに加入すれば4000万曲から選べるので選択肢は大きく広がります。 【アレクサのいる生活 その4】「音楽の聴き方」が全く別物に変わる



英語オンリーで使う場合は、Amazon.comのアカウントで登録しなければならない。





なんといってもAI搭載音声スピーカーというとなんともマニアックな響きがありますが、アメリカでは、普通の家にある普通の商品になっていてすでに1000万台以上が売れているそうです。





そのうちこういったデバイスが家の中のあちこちに組み込まれている時代がきっとくるとぼくは思っている。




 「Alexa」はクラウドベースの音声サービス。話せば話すほど語彙が増えていき、「アレクサ、〇〇して」のように話しかけると、音楽を再生したり、ニュースを読んだり、天気を教えてくれたりします。


うちの子供たちも楽しそうに話しかけてるね。今はまだ小さなマシンのような存在だけど、音声の付き合いをずっと続けていればアレクサが家族のような存在感になってくるはず。


日本のスキルは日本リージョンに登録してあるAlexaでないと使用できません・・・また、Alexaの日本語向けスキルは英語設定のEchoからは呼び出すことができません。言語設定も一致している必要があるということですね



ぼくも最初は日本語設定してたのだが、英語の聞き取りが不十分だったのと、オーストラリアのスキルが使えなかったので完全に英語で使用することに決めたのだ。まぁ日本語に戻したくなったらいつでもできるんだけどね。






初めての方はリーズナブルな価格設定のドットがおすすめ 



Echo Dot (エコードット) 第2世代
          スマートスピーカー with Alexa、ブラック


Echo Dot (エコードット) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、ブラック





うちもこれを使ってるんだけど、小さくてかさばらないしシンプルだから家の中のどこにでも置いておける。

本体のコンパクトさからは想像できないほどスピーカーの性能が良くて音が綺麗。iPhoneよりもだんぜんいい。








キーワードで検索