【ゴールドコーストライフ】ビーチデビュー!!! 生まれて36日日目で海に入ったうちのカノアくん。








生まれてすぐでも海に入っても大丈夫!!!




うちの息子は生まれて36日目で、さっそくビーチデビューを果たした。

父親である自分がサーファーだからなのと、住んでるところがゴールドコーストとゆう海のそばの街とゆうことで、ビーチに行くとゆうのは身近なことなのだ。



なんで生まれたての息子を連れて行ったのかとゆうと、母なる海、生命の源は海から始まったとされるのであれば、やはりできるだけ早く海に入れてあげたほうがいいと思ったからだ。

だって自然のパワーをふんだんにもらえそうな気がしたから。









ゴールドコーストのローカルスポット




カノアがビーチデビューした場所は、ぼくのホームポイントであるバーレーヘッズの南側にあるタラバジェラクリークだ。

ここは知る人ぞ知る、リラックスに楽しめるスポットとしてローカルご用達の場所である。

このローケーションは、タラバジェラクリークの河口から中に入っていったところなので、波がほとんど立たない静かなスポットなのだ。












海との波動が合った!!!




この日の水温はすごく低くて冷たかったんだけど、海に浸してみた息子はまったく泣かなかった。

ぼくにとっては泣くほど冷たかったのだが(笑)

しかし息子は笑うこともなく、ただ親父にされるがまま海を感じていたようにみえた。

たぶんだけど、息子カノアと静かな海の波動がその時ちょうど合っていたんだと思う。

だからお互い、海もカノアもってことなんだけど、受け入れ合ってたような感じなのかな。








サーフィンデビューは本人次第



これで海へのあいさつも済ませたとゆうことで、準備ができしだいカノアの波乗りデビューができるね。

サーフィンをやりたいのかどうかは本人に任せるけど、海が身近な環境で生活しているので、こういった儀式的なこともやってみたとゆう訳。

将来サーファーになるかどうかは、カノア本人の意思に任せようと思う。









カノアが生まれた時の関連記事



【海外生まれの日本人】ついに長男が誕生した。ぼくが息子にカノアと名付けた理由。
https://www.spirit-kooks.com/2018/08/blog-post_18.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014
【海外 ゴールドコースト】おとこも分娩室に入ることをおすすめする、ぼくが父親になるために大事だった2つのこと。
https://www.spirit-kooks.com/2018/10/otokomobunnbennsitunihaire.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014



キーワードで検索