使えるサーフィン英会話 10選 あいさつ程度に使うフレーズ編



ぼくがサーフィンの時、実際に毎日使ってる英会話フレーズ。


文法がどうとかそうゆうのは関係ない。堂々と話せば絶対に通じるもんだから大丈夫。

英語が話せなくても最低限これさえ使えれば、日々の波乗り情報を手に入れたり世界のサーファー友達と一緒に海に入ってもコミュニケーションには困らないはず。


あいさつ程度に使えるフレーズ編



How was surf? ハウズサーフ? 波どうだった?
海から上がって来たサーファー、職場でサーフィン仲間が人の顔を見るなり嬉しそうに肩を回して筋肉痛なフリをしてる奴などに使う。

Any waves?  エニーウェイブス? 波ある?
しばらく小波が続いてる時の挨拶代わりに。 

Where did you go? ウェアーディジュゴー? どこで入ったの?
「今朝の波は当たりだったよ」って言われてポイントが気になる時。

How big out there? ハウビッグアウタゼァ? 波大きかった?
自分が全く予想できないようなサイズアップしている時に使う。もちろん小波の時でもいいんだけど、逆にちょっとイヤミでHow small?って聞いたりもする(笑)

You been surf?  ユゥビーンサーフ? 最近サーフィンしてる?
久しぶりに顔を合わせたサーファーとの挨拶代わりに。

Are you gonna paddle out? アユガナパドルアウト? ここで入る?
コンディションがイマイチで入ろうかどうしようかと決めかねてる時。

How can I getting out? ハウキャナイゲティングアウト? どうやってゲッティングアウトすればいいの?
初めてのポイントブレイクでエントリー方法が分からない時はこうやってローカルに聞くこと。

How was last one? ハウワズラストワン? さっき乗った波どうだった?
一緒に海に入っててめちゃくちゃいい波に乗って戻って来た奴に向かって聞くとき。

Did you see me get that barrel?ディジュシーミーゲッタバレォル? 俺のチューブライド見たか?
自慢げにどや顔で言ってやれ!

One more and then I'm done. ワンモァアンゼンアイムダン。 もう一本乗ったら上がるよ。
疲れてきて上がりたい時はこれを言ってさっさと上がる。




アルク人気No.1講座 1000時間ヒアリングマラソン