キーワードで検索

【バーレーヘッズ】ワールドクラスのポイントブレイクで、混雑避けて波乗りするなら今!日本は夏、豪州は冬なこの時期が一番楽しめる






今だけ混雑なしのゴールドコースト





ゴールドコーストって波がいいんだけど、海の中はいつも混雑しているんだよね。

慣れてるサーファーなら気にならないだろうけど、こっちに遊びに来た人がちょっと波乗りを楽しむだけってなら、ちと過酷な状況の時が多いのも事実。

ほんとに波が良くていいところなんだけどねぇ。





ところがこのゴールドコーストでも、波が良くて空いててゆっくり楽しめる時期があるのだ。

それが今、6月から7月にかけてが、サーフトリップに最適なベストシーズンだ。

この時期は、夏のような大きなサイクロンが連発で来ることがほとんどなく、遠い南からのうねりがゆっくりと届きやすくなるうえに、朝は必ずと言っていいほど西よりの風が吹き、バーレーヘッズから北方面はオフショアで、グラッシーコンディションなのだ。








冬だから寒いんだけど、日本の冬に比べればなんてことない。

昨日今日と気温は13℃くらいでかなり寒かったのだが、ウェットスーツはロンスリで十分だった。

寒がりさんならフルスーツ着用だろうが、それでもジャーフルである。






波はモモコシから、オーバーヘッドまでのパワーレスなブレイクが多い。

しかしパワーレスと言っても、チューブライドも可能なフェイスが張ってくるいい波には違いないので、ゴールドコーストでのサーフィンは十分に楽しめるのだ。









サンライズ午前6時38分のサーフィン




今朝のサーフィンは、ぼくのホームポイントであるバーレーヘッズへ。

やはりオフショアで、期待を裏切らないグラッシーさに、そこそこロングライドできるブレイクがあった。

そして夏なら100人以上は入ってて大混雑なバーレーポイントも、今朝はなんと15人くらいだけ。

必然的にみんな散らばっていたので、ぼくはシャーキーズに一人だけで波待ち。

ダンパーのように入ってくるセットに乗ると、深いチューブの中にすっぽり入れる極上ブレイクを堪能させてもらった。



たった一人で。







人が少ないこんな時は、他のサーファーたちもメローモードなので、誰もガツガツしないんだよね。

だからビジターだろうがなんだろうがルールさえ守っていれば、誰かにとがめられることなく波に乗らさせてもらえる。




世界のバーレーヘッズの波に乗り放題!ピークにたった一人で、何度でも極上ブレイクにチャージできる。




そんなウソのような現実は、この時期だけである。

ちょっと寒いが、混雑しないゴールドコーストで波乗りしたいなら、6月7月がおススメ。











【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!