キーワードで検索

【サーフボードインプレ】DHDサーフボード、3DV Small Wave Shortboardをベストボードに選んだ、そのインプレをちょっと語ってみた



とにかく小波でもアクションが決まるボード、3DV




ゴールドコースト、今は季節の変わり目だからストームがやってくるし、その度に気温が下がってゆっくーりと、秋に突入していく。

しかし今年はまだちょっと暑いかな。

早朝から豪雨が来てたと思えば、晴れ間が覗いて一気にピーカンになったりしていた。

傘を持とうか、サングラスを掛けようか、こんな日は決まって蒸し暑いのだ。

蒸し暑い時の事をマギーとオージーは言うんだけど、本当はニュージーランドの英語じゃないのかって言ってる人もいるね。

まぁ今日はとにかくマギーな日だった。




昨日からやっている、DHDサーフボードのテストライド

3DVとゆうモデルなのだが、とにかくすごい。一発で気に入っちゃった。

適切な表現なのか分からないが、マジックボードってのはこうゆうボードのことを指すのかもしれない。

今まで乗ってきた全部のサーフボードをひっくるめて、ぼくはこれがベストボードだと思う。

あんなに簡単に波に乗れて、アクションが入れやすいボードはなかなか無いよ。

今日は2ラウンドのサーフィンで3DVを試してみた。



最初は朝のカランビンアーリー。

どこもかしこもオンショアが入ってぐちゃぐちゃで、まともにサーフできるのがここしかなかったのだ。

ロータイドでチョッピーコンディション。

流れは強烈で、波を追いかけた後は一気に後ろに流されてしまうコンディションだった。

いつもだったらぼくのパドルでは敵わないんだけど、このボードはノーズエリアがぼってりとしていて、安定感抜群からのボードがすいすい進んで、楽にピークをキープできていた。

そしてテイクオフの速さが半端じゃない。

うねりから立てるほど、スタンドアップのタイミングが早いんだよね。

ボードの下を流れる水がスムーズなんだよね。

まぁ浮力のお陰でもあるんだろうけど。

お昼からはスナッパーロックスで入って、ハイタイドで割れにくくしかも小波。

セットを掴んだもん勝ちで、乗れればムネカタのメローなリップに向かってバンバン板を当て込めたんだよね。

リップやフォームに負けない安定感で、自分の体の下にボードがひょいって戻ってくるんだよね。

前に踏み込めばボトムでのターンが伸びて、クローズドセクションも抜けやすかった。

いい事ばかりでネガティブポイントが全然見つからなかった、小波用ボードの3DV。

ここスナッパーロックスはCT第一戦がもうすぐ始まるとゆう事もあって、プロがたくさん入っていたんだけど、ガブリエルメディーナよりもぼくの方が波に乗れてたからね。

絶好調なボードに乗ると気分も盛り上がって、サーフィンレベルもアップするのかもしれないね。




このボードのサイズは、5'9×19×2'3/8でボリュームが28リッターだ。



5'9なんてゆう短いボードは本当に抵抗があったのだが、海に入ってる間は一切気にならず、短いボードのデメリットポイントを見つけることが出来なかった。

このボードでだったらパワーのない小波で自由に乗り回せるし、オーバーヘッドのデカ波コンディションでも自信をもってチャージできると思う。



次のレベルへ進みたい全サーファーへ、DHDの3DVをお勧めしたい



特にこのボードをお勧めしたいのは、中級者レベルのサーファーかな。ある程度波に乗れるようになってて、アクションのバラエティーは少ないが、これから数多くの練習を積んでいきたい人。

サーフボードの浮力と揚力の両方を、最高のバランスで兼ね備えたボードに乗ったことが無い人は、是非3DVを使ってみるべし。

サーフボードが導いてくれる、新たな領域を体感できるだろうと断言できる。

実はぼくもこの3DVの購入を検討している。

検討とゆうか、もう次に手に入れるボードだと決めたので、あとはお金をどうやって作るのか、そこまで考えている。

DHDサーフボード、3DVはこれまでにぼくが乗ってきたボードの中でも、ベストボードだとはっきり言える。

サーフィンがますます病みつきになること間違いなしだ。










【今一番読まれている本】このブログを読まれている方からも、購入されてるよー。1日1冊ぐらいですが、衰えない人気が続いてるんだよ。