キーワードで検索

【サーフガイド】早朝から朝飯前までが得意。波乗り三昧のゴールドコーストを、存分に楽しんでもらうためのサーフガイドをしてきた。そのレポートと反省&改善すべき点をいくつか挙げてみた。





早朝専門サーフガイドでバーレービーチへご案内



ぼくがサーフガイドに名乗り上げたいと思った理由は、ゴールドコーストに遊びに来られた方々へ、サーフィンをもっと楽しんでもらいたいと思っているからである。

ぼくが見ている限りでは、旅行者のほとんどはバタバタとしていることが多いように思う。

短い日程の中で、サーフィンだけに時間を使うのが難しいシチュエーションもあるだろう。

そこで朝早くのサーフセッションが短時間で終われば、その日の旅行スケジュールも効率よく楽しむことができるんじゃないか。

そういった人たちの為に、サーフガイドをしたいと思っているのだ。






今回、ぼくがガイドとしての最初に行ったのは、ピックアップ。

土地勘のないお客様とスムーズに合流するのは、これが一番だからだ。

今朝のお客様は神奈川県からご旅行中のS様で、ご家族との観光の時間の合間を縫ってのサーフィンを希望。

滞在先のサーファーズパラダイスには、フレッシュでヒンヤリとした空気が漂う、午前5時20分に伺った。

S様からこの依頼を受けてからずっと、サーフィン以外の事でも何でもご相談に乗らさせてもらっており、観光アドバイスなどもさせてもらっている。

もちろんS様が、どんな波でサーフィンしたいかも伺っていたのだった。

直接迎えに行ったり、サーフガイド以外の時間でもLINEを使って相談に乗り、さらにお得なローカル情報を流したりすることをしていた。

これはぼくのような、フリーで動いているサーフガイドの特典だと思っている。

会社の為に働くのではなく、お客様の為に働きたい。

そんな思いで突き動かされているのが、今の現状だ。



クラシカルな日が続いているゴールドコースト



今週はずっとデカ波が続いていた。

ぼくは前日の、夕方ギリギリまでLIVEカメラなどで波チェックし続けてて、旅行中で疲れてるお客様でも、軽く楽しめるようなサーフポイントを探し続けた。

しかし自分が乗る波とは違う波探しが、こんなに難しいとは思わなかったね。

知らない土地に訪れている人の感覚、ぼくだったら旅行先でどうしたいだろう?何をやって欲しいって思うだろうか?

そうゆう事をしっかりと想像しながら、準備させてもらった。





そしてぼくのホームポイントである、バーレービーチへ。

前日までのデカ波がサイズダウンしたものの、大潮のハイタイド前で水量が多くまだまだパワフル。

だからぼくは、うねりが直接入って来ない場所を選んだのだった。

今回のお客様であるS様はサーフボードをお持ちでなく、ご自身でリサーチされてたレンタルボードは予算が合わなかったと聞いたので、ぼくのボードを使ってもらう事にした。

ここは改善の余地あり。

こういったお客様にもスムーズに楽しんで頂くために、自分が使うものとは別のサーフボードを用意してた方がいいかもしれないな、と思ったね。

その場合はきっと、ハイパフォーマンスボードよりも、オルタナ系で楽しめるボードがいくつかあった方がいいかもしれないね。

3週間ぶりのサーフィンだと言っていたS様だったが、パドルはスムーズでドルフィンスルーも難なく行い、ゲッティングアウトできた。。

実はここで、ぼくのエスコートが上手くいかなかったのだ。

タイドの関係もあり、なんと波が割れづらいスポットに入り込んでしまったのだった。

そこからすぐにすんなりと抜け出すことは出来たのだが、思い切ってポイントの方まで行ってみようと提案した。

しかしすぐにオーバーヘッドのお化けセットが、4,5本も続けて入って来てしまったのだ。

そしてお客様自身の判断で、インサイドに戻ることに。

やはりここに慣れているぼくの感覚と、日本のビーチブレイクを楽しまれている方とではすごくギャップがあるのだと実感。

それからインサイドで波待ちをして、チャンス的なセットも入ってきたのだが、見た目よりもトリッキーで乗れなかった。








これはサーフガイドとしてすごく残念な結果である。

どうしても波に乗ってもらいたいと思っていたのだが、上手くいかなかった。

これも自然のなせる業だと言い切れば、それはちょっと寂しいだろう。

お客様の方から、「また明日もよろしく」と言ってくれたので、もちろん引き受けさせて頂くことにした。

明日こそはほんとお願いしますよ、ゴールドコーストの海の神様!!











【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!















【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。