キーワードで検索

【バーレーヘッズの波って凄いんだけど】ロータイド、オーバーヘッド、強烈な流れと大雨の中でサーフィン


より強いグリップ力を求めて、新しい配合でテスト中のMad Wax



2018年3月22日 Burleigh heads



久しぶりにバーレーヘッズで入水。

CTクイッキープロが終わって、トッププロはベルズビーチに移動しちゃってるので、もう向こうに行かなくてもいいかな。

バーレーヘッズがぼくのホームブレイク。

厚かましくもこんな感じで豪語させてもらってるのだが、これでもバーレーヘッズでのサーフィン歴は16年を超えているのだ。




それでもやってしまう、入水の時の大失敗。

ロッキーな所からのエントリーになるんだけど、ここはゴールドコーストのロックジャンプでもっとも厳しいところ。

今朝はバーレーの神様が、ぼくの所にやってきた。

「バーレーの波を舐めるんじゃねぇ。久しぶりだからって浮かれてるとケガするぞ!」

こんな事を言われた気がした次の瞬間、ぼくはショアブレイクがガンガン押し寄せる岩の上を転げまわっていた。

久しぶりに転げまわってしまった。油断大敵とはまさにこの事である。

幸いにもフィンやボードは無事だった。

この頑丈なDHDのProject 15じゃなかったら、確実にぶっ壊れてたと思う。





今朝の波はオーバーヘッドで、オンショアが吹き付けるハードなコンディション。

アウトには10人弱しかいなくて、常にパドルをしてないと後ろに戻されちゃうから大変だった。

それでも波に乗ればものすごいパワフルさから、一瞬で興奮状態におちいった。

最近はクーランガッタばかり行って、レインボーベイやグリーンマウントの優しい波に乗ってたから、同じオーバーヘッドなサイズでもバーレーの方がパワーが格段上で、フェイスの硬さにコントロールしきれなかった。

さすがバーレーヘッズ。

やっぱりこっちで波乗りする方が楽しいね。




雨風が強く、突風が吹き付けてくるとどれだけパドルをしてても前に進まなかったのだが、風があちこちにスウィングしていて、たまにオフショアになってたんだよね。

その時のグラッシーコンディションでのブレイクが、ものすごく綺麗だったんだよ。

自然界が魅せてくれる奇跡の瞬間に立ち会ったかのようで、心が晴れ晴れとしたよ。

明日からはもっともっとサイズアップ。

エキスパートオンリーと言われるコンディションになりそうなので、しっかりと準備をして挑まないとね。

またいい波乗れますように。










【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!















【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。