キーワードで検索

【東京オリンピックはウェーブプール?】 カリフォルニアにあるサーフランチで、一足早くサーフィンを体験する方法はこれだ!






サーフランチのパーフェクトウェーブ




ケリースレーターが作ったウェーブプールで、自分もサーフィンをしてみたいと思う。

いつまでも閉じることが無いシリンダーバレル。

人口とはいえ、あの中に入って大はしゃぎしているトッププロ達、ぼくの大好きなカノア五十嵐やミックファニングらのそんな姿を見ていたら、自分も同じ波に乗ってみたいなって思うよね。







そんなぼくに同意してくれる方々に朗報である。

なんとケリースレーターのサーフランチで、あの波に乗り放題出来る方法があるとゆうのだ。



オリンピック形式での国別、地域別で行われるファウンダーズカップ







その詳細はWSLの公式サイトに出ていたのだが、今年2018年のチャンピオンシップツアーの中に盛り込まれたイベントの一つで5月5日、6日にCT選手を地域別に分けたチームでのコンペティションが行われる。


チームは5つで、オーストラリア、ブラジル、ヨーロッパ、アメリカ、そして日本を含むワールドチームとなっている。

東京オリンピックを想定してのこのイベントだから、国別地域別でのスタイルにしたんだろうね。

このサーフランチでの波乗りを楽しむことができるのが、WSL ファウンダーズカップ終了後の翌日、5月7日の月曜日となっている。

この日になんと、トッププロだけが楽しんでいたマシンウェーブに乗りたい放題出来るのだ。



The Surf Ranch Experience




料金は9500ドル(別途手数料288ドル)日本円で約110万円

特典は以下の通り

  • トッププロと同じ個人ロッカー
  • 専属コーチによるレッスン
  • ビデオ、フォトグラフサービス
  • 5日から開催される大会期間中はVIP待遇で、ラウンジなどにフリーアクセスできる
  • フリーフード、フリードリンク
  • ギフトバッグ
  • ホテルTachi palaceでの3泊の宿泊
  • 4日の夜に行われるプレイベントパーティーと、7日のアフターパーティーへの招待




そうなのだ。ケリーのウェーブプール、サーフランチでのサーフィンを楽しむには100万円とゆう大金が必要なのだ。

サーフィンはお金じゃないんだ。って人はもうすでに申し込んでいるだろうし、ウェーブプールなんかに興味が無いって人は、今日も海でサーフィンしているだろう。

ぼくはどちらかとゆうと、サーフランチでのサーフィンには興味津々だ。

トッププロ達があんなに楽しそうにはしゃぐくらいなんだから、絶対に楽しいに決まってるよね。

そしてサーフランチが東京オリンピックで使われるのであれば、なおさら体験してみたいかなって思う。

でも1回のサーフィンで100万円だよ。ちょっととゆうか、あまり現実的な料金設定ではないね。

ぼくのおこずかいを、いったい何年分ぐらい貯めれば行けるのだろうか。

今年じゃないことは確かだ。

とゆうことで今回は家でゆっくりと、ライブ観戦をしておこうと思っている(笑)




参照元 https://www.wslfounderscup.com/











【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!















【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。