【クイッキープロ本戦前日 2018】カノア五十嵐やミックファニングらと同じ波に乗れた今朝!CT第一戦が始まる前のレインボーベイからグリーンマウントで、3ftのロングライド




クーランガッタはサーフィンのお祭り騒ぎだぜ




CT本戦前日、クイッキープロが始まろうとしているゴールドコーストはクーランガッタが、サーフィン祭りだってな感じで相当盛り上がり始めてきた。

週末とゆう事もあり、朝一を外すと駐車場の空きを見つけるのに苦労するが、ぼくは5時半にリップカール前に到着。

すんなり停めれて、ローカルボーイズのスコットとその友人とキャッチアップ。

ぼくらが狙ってたのはグリーンマウントの先で、クリーンコンディションで人が集まってないスポット。

どこからパドルアウトしようか?なんて話しながら歩いてて、結局ロックの方まで行ってしまったぼくら。

だってプロサーファーとコーチ、フォトグラファーたちがたくさんいて、まるで祭りのような雰囲気でテンションが上がっちゃうんだもんな。

だから最初の30分は、思いっきり混雑している一番奥のピークで、プロ達との波取り合戦に時間を費やしたのだった。

まぁ結局いい波は取れずに、ゆっくり流されながらグリーンマウントの方まで行って、そこでちょいちょい乗らさせてもらった。







スナッパーロックスのブレイクが変??




風が全然合ってないのか、ビハインドザ・ロックからのブレイクが全然だめで、全くブレイクしてないのだ。

あの奥からチャージしてダブルアップするところを落っこちながらチューブインで、オープンフェイスでビッグカービングってのが最高なんだけど、(自分は見てるだけですが。。。)今はちょうどCT会場の真ん中に立つ、メインテントの正面からのブレイクばかりだね。







大村奈央プロ、トライアル本戦へ






日本では一般人に一番知られているロキシーの大村奈央プロ。

ローカル情報によると、前日行われたロキシーチームのトライアルでファイナルまで勝ち上がっているので、今日行われる予定のトライアルに登場。

これに勝てば、WSL Women's CTへの切符が手に入るのだ。

どうか勝ちますように。








ミックファニング、カノア五十嵐、オーウェンライト






海の中は本当にプロだらけ。

ぼくの大好きなミックファニングはレインボーベイのインサイドでリフォームしてくる波を掴んで、リラックスなサーフィンをしていた。

今年からは日本の選手としてCT参戦の、五十嵐カノアもいた。

混雑している中でも、集中して波に乗っていた様子が伺えた。

生で見るカノアはカッコよかったよ~。

そして今朝一番の危険な男、オーウェンライト。

前日もぼくの目の前でオフザリップをかましてくれて、カッコいいけど危ないなぁなんて思ってたのだが、また今朝も同じような出来事が。

しかももっとギリギリで、向こうはもっとぼくを避けることが出来るはずだったのに、ぼくの顔の数センチ先をオーウェンライトのノーズ先が走ったからね。 

オーウェンって空気読めないタイプだなきっと(笑)






DHDのSweet spot2.0も乗りやすくていいボードだと再確認





DHDのSweet spot2.0でのいい波乗ったフィーリングは最高だった。

小波用ボードの3DXと3DVをテストライドした後だったから、このデカ波用ボードでは物足りなく感じるかもと思ってたのだが、これも素晴らしくいいボードだった。

トップターン、カットバック、スムーズなリエントリーなども、自分の思うままにコントロール出来て楽しかった。 

やっぱDHDはすげーボードを出しているね。



またサイクロンスウェルがやってくる

この先、今吹いている風が収まらぬまま、次のサイクロンスウェルが入ってくと言われている。

来週半ばくらいから波はパンピンで、グレートコンディションを期待できそうだ。

いいタイミングでCT開催もあるし、ミックファニングが最後のクイッキープロとなるので、盛り上がること間違いなしだね。

明日もいい波乗れるかな。









【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!













【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。

0 件のコメント :

コメントを投稿