【クイッキープロ】ミックファニングがスナッパーロックスでラスト。サーフボードをファンのキッズに手渡した最後のシーンと、バカ笑いする秘蔵シーンをまとめて大公開




ミックファニングがスナッパーロックスでGood bye



ミックファニングにとって地元でのラストステージ、クイックシルバープロで魅せてくれたホワイトライトニングはどこかぎこちなかった。

CTツアー16年のベテランが最後と決めたこのスナッパーロックスでは、家族や友人たち、そしてたくさんのファンが見守る前でカッコいいサーフィンを魅せてくれた。

しかし結果は4Rで敗退。

負けが確定し始めてからのミックファニング。

どうでもいい波に乗って、どうしようもないライディング。

たぶんだけど、とっても感情的になってしまったんだろうな。

まるでリズムが合ってない感じだったもん。

実はこの日の朝、ぼくは朝早くから同じところでサーフィンしていたのだ。

ミックも同じように入ってて、ウォームアップのようにリラックスライドだった。

すぐ後にビーチに上がっていたミックを見ていたんだけど、ミックファニングのヒートジャージを着ていたファンに、サインをしてあげていた。





ぼくが感じたミックの雰囲気はピリピリしていたので、遠目から写真を撮ることしかできなかった。

いつでもサーフィンに真剣なミックだが、やっぱオージーらしいお馬鹿なところもあるんだよね。

その動画がこれ。



ジェーミーが転んでバカ笑いするミック





A post shared by DEAN,SHAUN HARRINGTON (@hazza_twins) on




ジェーミーやウォーターパトロールの心配は?

そんなの全くなしで、バカ笑いだもんね。

ぼくも10回連続再生で一緒に笑わせてもらったよ(笑)

さてそんなミックファニングの地元で見せてくれたラストシーンは、ローカルキッズにサーフボードを上げちゃってたそのシーンだね。




キッズにサーフボードをあげるミック








キングスクリフのローカルキッズ、ネイトジョンソン10歳がミックにサインをお願いしたところ、「それよりももっといいものをあげるよ」と言ったミックは、クイッキープロの最後のヒートで使ったサーフボードを手渡したのだ。

この様子は一瞬で、あちこちのメディアが取り上げてたね。

ぼくもライブで見ていたんだけど、最初は知っているローカルキッズにボードを持たさせたと思ってたんだよね。

ぼくだったらそのままテントまで追いかけて行って、返しちゃってたと思う(笑)


ミックファニングは本当のヒーローなんだよ。

引退しちゃってもサーフィンはかっこいいし、海の中でも陸の上でも、いつまでもヒーローでいてくれるんだと思う。

ぼくらの心に残してくれたこのシーンなんか、いつまでも語り続けたいよね。

それこそヒーローの証だよね。

#CheersMick




参照元 @hazza_twins @wsl






【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!















【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】






FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。


















0 件のコメント :

コメントを投稿