キーワードで検索

【サーフボードリペア】Rocket Ace-Eco Surfbords、Ding-Go Surfboard Repairsのシェーンルークと語り合った、ちゃちなサーフボードメーカーの事。





ディンゴーサーフボードリペア



お願いしていたサーフボードのリペア。

今日やっと取りに行ってきた。

本当は1週間前に上がってたんだけど、仕事で行けなかったんだよね。

右のフィンをカップごとがっぽりやってしまった、あの大きなダメージは果たして直るのか?

そんな疑問を持ちながらやってもらったのだが、心配ご無用ノーマンタン。むっちゃくちゃ綺麗に仕上げてくれたのだった。






FCS2のオレンジのフィンカップが手に入らなかったのだとか。

なんでもプロモーションの関係で、単品では出回らせてないんだって。

シェーンルークと二人でFCSの悪口をバンバン言って、(ほとんどぼくがだけど)すっきりしておいた(笑)




リペアマンってのは、色んなメーカーのボードを触るでしょ?

品質の良し悪しを一番知ってるんだよね。

企業の名誉に関わるからぼくのブログでもさすがに書けないけど、実は知ってるんだよね。

脆いボードを出しているのはどのメーカーなのか。

まぁ市場に出回ってる数が多ければ、壊れてリペアに回る数も多くなるので、はっきりとは言い切れないんだけどね。









そしてぼくが愛用しているこのDHD Sweetspot 2.0は、アイランドトリップに行く時に持っていくステップアップ用ボードで、グラスが多くなっている。

ぼくはゴールドコーストのパワーのあるポイントブレイクで、使ってるんだけどね。

メーカーが言っていることは本当に正しいのかってのは、そのボードが壊れてリペアマンが中身を覗いた時に、初めてわかるのだ。

このSweetspotについてもシェーンルークに聞いてみたら、やはり通常のハイパフォーマンスボードよりもタフに耐えれるように作られているとのこと。

お宝ボードがわんさか出てくるシェーンルークのアジト


それを聞いて安心したのだった。

ぼくがいつも嫌な思いをするのはここなんだよね。

波の乗り方がおかしいので、ボードをクラッシュした時のダメージが半端じゃないのだ。

だから壊れやすいボードにはあまり乗りたくないんだよね。

とは言ってもハイパフォーマンスボードが好きな気持ちは収まることを知らないので、まぁとりあえずこのSweetspotを乗り続けていこうかな。

フィンカップの色が変わっちゃったから売るに売れないしね(笑)









【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!















【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。