【8ftサーフィン】人生で一番大きい波に乗った、3月15日のグリーンマウント





6ft Epic 3×オーバーヘッドのゴールドコースト



いきなりThe DAYとなった今朝。

午前5時前。

コーリーさんが迎えにくる前に、Surf forcastでコンディションをチェックした後、急いでDVS のシングルフィンを用意した。




途中で見かけたカランビンアーリーは、とってもいい波だった。

キラもピックアップしてて、オフショアでグラッシー。

スナッパーロックスは、ビハインドからトリプルのソリッドなウォールが炸裂していた。

同じ時間にパーコは、ビハインドからこんな波に乗っていたのだ。







ぼくが狙ってたのは、レインボーベイの一番奥で割れるボミー。

どでかい波がスローモーションでブレイクしていたのだ。

スナッパーロックスからゲッティングアウトして、このスポットにたどり着くまでにかかった時間はほんの5分程度だった。



インサイドの強烈な流れに掴まって、いつまでもパドル祭りに興じていた奴も多かったのだが(笑)、スムーズに出れたぼくはとてもラッキーだった。

ぼくが乗った波は、今までで一番大きな波の一つだった。

ボトムを滑り落ちるスピード、コントロールの効かないボード、どこから吹いていたのか、カツラが飛んでいきそうなほどの強い風が前から吹いてきてた。

後ろを振り返ると、自分の身長の2倍はある真っ白いスープが物凄い勢いで追いかけてきていた。

この波に乗るまでに何本もセットを見逃して、時間をかけて波を選んだ。

波がデカくて怖いだけじゃなく、ウォールが立ち上がるところに入るとヤバいと思ったので、じっと我慢してショルダーに入れるところを待ったのだ。

インパクトでワイプアウトしちゃったら、ヤバそうだったんだよね。

実際ドルフィンスルーの時は、いくら深く潜っても掴んでるボードが吹っ飛ばされそうになったので、潜って波が上に来て水面に上がる前に抱きかかえて、一緒にグルグル巻きにされていた。

さもなければ、あの波のパワーではリーシュコードが切れちゃってたかもしれない。

デカい波に乗ってる最中は、周りに誰もいなかったのをいいことに叫びまくり(笑)

脳味噌は最高潮に興奮し、アドレナリンがバンバン出て笑いが止まらなかった。




その後1時間ほど待ってみたのだが、タイミングの合う波を見つけることが出来なかった。

もう上がりたくなったので、グリマンのインサイドに向かった。

そしてミドルから乗った波にも大当たり。

オーバーヘッドくらいの波だったのだが、シングルフィンで走り抜けるだけのロングライド。

インサイドのチューブインでは、ものすごいスピードが付きすぎてて、ビビって右ひざをボードにくっつけてライドしちゃってた(笑)

ラッキーな朝だったなって思う。

明日もどうかいい波に乗れますように。






参照元 @hazza_twins






【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!














【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。




0 件のコメント :

コメントを投稿