【Keep Surfing】毎日がサーフィンデー。サイクロンアイリスがやってくる前の、バーレーポイントでムネカタのバンピーコンディション。







4月に入ったとゆうのに、まだまだ全然暑い日が続いているゴールドコースト。

いつもなら夏を名残惜しく思うほどの涼しさが来るはずなのに、今年はまだ子供たちも外のプールに入れてるもんな。

異常気象かなんだか分からないけど、寒いよりは暖かいほうがいいって思うのは、ぼくだけでは無いはず。

もうすぐサイクロンがやってくる


今回はなるべくバーレーヘッズでのサーフィンを楽しみたいと思っているので、今朝のクーランガッタのいい波を知らぬ振りして、ホームポイントへ向かった。




サイズはムネカタくらいで、ちょっと小さめ。

セットはオーバーヘッドとかあったんだけど、ロングライドにはならない感じだった。

今日のボードはDHDのSweet spot 2.0。

これはインドネシアなどのリーフブレイク用だとダレンは言ってるんだけど、ぼくは調子良く日常のボードとして使えてるんだよね。




テイクオフが早いし、ボトムターンが伸びるので乗りやすいと思っている。

フィンはちょっと小さいReactor smallを装着。




そしてこのボードはタフなのが、かなり嬉しい点である。

サーフトリップ、デカ波用ってのがコンセプトなので、グラスが6×4×4となっている。

ちなみにDX-1は、4×4×3/4なので、昔乗っていたボードはべっこべこになって、最後は足の親指がめり込んで終了しちゃったよね。

毎日乗るボードだからこそ、タフであって欲しいものだ。


空が大きく見える!







【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!















【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。







0 件のコメント :

コメントを投稿