【波に乗るサーファーが優先?】バカ!周りをよく見ろ!気を付けてテイクオフしなきゃだめだ!




いつも混雑するサーフスポットで起こりがちなサーファー同士のいざこざ。






サーフィンって難しいよな。

自然の中で行われるもので、一人一人が自然相手に向き合う必要があるのはまぁ当然なんだけど。

ぼくら人間が、あの大自然の海の中での波を乗るとなれば、自然界の規律を守る必要があるんだけど。

やっぱ人気スポットでは人間の混雑がある訳で、そうなると自然相手とゆうよりもサーファー同士が上手くやるためのルールやマナーってのが存在してるよね。

それをみんなが守る上で、成り立つ「スポーツ」であるとぼくは思う。

まぁ大自然の中でのことなので、例えば道路交通法が浸透している車の運転などとは違うんだよね。

つまりジャッジする人がいないので、どういった行動を起こすのかってのは本人同士に委ねられているとゆう事になる。

だからいざこざが絶えないとゆう事もあるんだけど。



今朝はD-bahでサーフィンしてきた。

小波ながらもすこぶるコンディションが良かったので、人がたくさん集まり混雑していた。




ルールを守って



そこで気になったのが、ぶつかりそうになってるのに無理やり波に乗ろうとしてきた、あるサーファーの事。

しかも続けて2回も同じことをやっていた。

その人はたまたま日本人だったんだけど、ぼくがインサイド側でぎりぎり避けなきゃならない位置にいるのに、それでもテイクオフしようとしてきたんだよね。

「波に乗るサーファーが優先であって、邪魔にならないように避けなきゃならない」

確かにルール上はそんな感じになっている。

まぁよっぽどライディングコントロールのスキルが高いのなら、それでも許される訳ではないのだが、他のサーファーにぶつかるリスクを取ってでも乗りたい波ってのがあるのだろうか。

本当に危険な行為だって事を分かっているのだろうかと、ふと不安になったのだった。



ちょっと自分勝手なのは分かっている。

しかし混雑しているサーフスポットでは、他のサーファーを危険にさらしてまで波に乗る必要などないんだよね。

サーファー同士がぶつかってしまうようなリスクがあるなら、波に乗っちゃだめなんだよ。




ケアし合おうぜもっと



そいつはぼくがギリギリでドルフィンしなきゃならないところで、パドルインからのテイクオフを仕掛けてきてたからね。

彼にしてみればこういった感じだろう。

「アウトからやってくるうねりを見つめてて、テイクオフをしようと振り返ったらお前がそこにいたから悪いんだ!」ってね。

確かにそうで、ぼくは彼がテイクオフをする邪魔をした奴になってしまったんだと思う。

ぼくは右手を上げて目配せでゴメンねのサインは送ったんだが、伝わったのかな?何も返って来なかったけど。

タイミングが悪かったのか、2回目もあったんだ。

ギリギリでドルフィンスルーしたぼくの上を、すれっすれでテイクオフしようとしてて、ほんとに頭にフィンが刺さるのかと思ったね。

まぁ大丈夫だったけど。



ビーチブレイクでは、アウトでもミドルでもインサイドでも波が割れる時があるからこんなことは起こりやすい。

それを理解するべきなんだな。波に乗る技術を学ぶと同時に、波に乗らない心を自分で育てなきゃならない。

自然界の中で勝手な行為をして、人間同士が傷つけ合うなんてバカバカしい行為なんだよな。

リーフにヒット、カレントに流される、ワイプアウトで溺れる、雷を落とされる、クラゲに刺される、サメに食われる等々。

怖い事はいっぱいあるんだ。これらすべての事はぼくら人間、サーファーがいくら寄り合っても太刀打ちできないんだから。

そんなすごい環境で、ぼくらは波乗りを楽しんでいるんだよ。

だから、もっと賢くサーフィンしよう。

サーファー同士がケアし合う心をもって、波乗りを楽しんでいこうぜ。







フィンで足を切られたボディーボーダーがいたんだよ!




実は事故が起きていたのだ。

その後はぼくは、ちょいちょいな波に乗って上がったんだけど、同じ場所で波乗りしていたボディーボーダーが足を引きづって上がって来てた。

そのボディーボーダーは、サーファーのフィンに轢かれたって言ってて、アキレス腱近くをスッパリ切られてた。

まぁぼくがムカついた相手の仕業だとは思わないが、ぼくも数センチずれてたらあんな風にケガをしていたかもしれない。

足を引きずりながら歩いていた彼は、その場に居合わせた人に応急処置をしてもらえてたから良かったけど。




ルールやマナーの上で、波に乗る優先順位を守っているのはよく分かるが、どの範囲なら相手が安全に避けれるのかってのを知っておく必要がある。

そして、波に乗りたい気持ちもよく分かる。

しかし!他の人に危険を晒してまで乗らなきゃならない波なんてないんだから。

あきらめてボードを引いていいんだからな。

また次の波に乗ればいいさ。

まぁだからぼくも含めてだけど、混雑してる海ではガツガツし過ぎずに他の人への安全も考えて波乗りを楽しまなくちゃだめだよ、って言いたい今日この頃である。




【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ぼくはすでに手に入れているのだ。先ほど日本から届いており、今夜上映会が行われる。楽しみでしょうがない。





【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。










キーワードで検索