チャレンジするサーファー達よ。【リスクは自己責任が基本】招かざるサーファーは、レノックスポイントの波に乗れないとゆう持論を立ててみた。







自分はレノックスヘッドに招かれていると思っている



人によって、時にはハードコア過ぎる時があるのかも知れないし、楽しいとは思わないかもしれない。

レノックスヘッドでサーフィンをするとゆうのは、簡単なことではないのかもしれないとぼく自身は思っている。

ぼくはレノックスヘッドが好きだ、ロケーションも人も流れてる時間も含めすべて。




昔から何度もレノックスのThe Dayを経験している。

しょぼいながらも、あそこのデカ波に乗っている経験があり、レノックスでのサーフィンの雰囲気にも少しは慣れている。

残念だったのだが、今朝は一緒に行こうと約束していた友人が、なんか理由ができて来なかった。

前回も同じように突然の方向転換があって、結局彼のレノックスヘッドデビューはお預けのままとなっている。





一方的な話をするのは良くないのだが、正直言って約束を遂行できなかった彼に対して、なんだか面白くないなぁと思っていた。

レノックスヘッドの朝一は人が少なく、シャーキーなのでちょっと怖い。

でもぼくはレノックスヘッドでのサーフィンが好きなので、一人でも構わないとパドルアウトした。

レノックスポイントで割れる波は本当に美しかった。

なぜ彼はこの波を見逃す羽目になったんだ?

しばらく海の中でモヤモヤと考えていたが、このこ大きく桁違いにパワフルな波を前にして、そんな思いはすぐにかき消された。





だってそんなに甘くないんだから。

高い丘の上から見ている時は、波はゆっくりメローにブレイクしているのだが、実際海の中で見るとすごくパワフルな波で、一度の波で動く水量も半端じゃないのだ。

だからテイクオフがハードなのである。

タイミングがずれたり、なんとか乗れてもバランスが少しでも崩れていたら一瞬で足元をひっくり返されて、ダブルオーバーの波に飲み込まれる。

イージーではない。



ぼくは考え込んだ。

こんなハードなところに、レノックスヘッド未経験者を連れてこようとしていたのか。

いや、誘うだけならいいだろう。

レノックスヘッドに、怖気ついて断るやつがいてもいいと思う。そいつは自分のレベルを見極めているのだから。

もし約束した奴が来なかったとしても、モヤモヤする必要なんてないんだよ。

そいつらはみんな、レノックスヘッドに招かざるサーファーなんだから。

もしもぼくが無理やり連れてきてしまっても、そいつらは楽しめないだろう。

最悪の場合、事故が起きるかもしれない。

レノックスヘッドでサーフィンするとゆうのは、他には無いリスキーさがあるとゆうのを、今一度思い出させてくれた。

では何がリスキーなのかとゆうのは、これらのことである。

  • シャークが現れやすい
  • 波のパワフルさが、未経験者には太刀打ちできない
  • エントリーが岩場からで難しい
  • 上がるときも同じく岩場でもっと難しい
  • 波のフェイスが硬いので、上手く乗るには高度なレールワークが要求される
  • ワイプアウトしたらなかなか浮き上がってこない
  • ドルフィンスルーが効かないほどのスープが襲い掛かってくる




ざっとこんなもんなのだが、こんなリスキーなところに人を連れてきちゃだめだよね(笑)

今までは、「いい波乗れるから一緒においでよ」って相手側のスキルなどを考えずに誘っていたが、これからはもうやめておこうと思う。

こういった極上ブレイクでは、リスクを伴うところは自己責任が当然なのだが、それでもレノックスポイントでサーフィンしたいと強く願う奴だけがレノックスヘッドに招かれ、そのラインアップに並ぶことができるのだと思う。

招かざるサーファーはレノックスポイントの波には乗れないんだよってのが、ぼくの持論である。






【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!