【サーファー的妄想中】ベルズビーチでサーフィンしてみたい。ゴールドコースト在住のぼくがサーフトリップを計画中してみた。




Bells Beachで波乗りがぼくの夢





サーフトリップの予定はないが、計画だけはちゃっかりと(笑)



ぼくが今一番サーフィンしたい場所は、オーストラリアはビクトリア州のベルズビーチである。

イースターホリデー中に行われる、リップカールプロのところね。

まぁ今すぐには行けないのだが、もしも今すぐ出発するとしたら?

「準備が出来てないから行けない」

なんてことになるのが嫌なので、先に計画を立てておこうとゆうことにした。

これはただの妄想である。

しかし妄想から現実になる可能性は十分にある。

そこに賭けて先に進みたいと思う。


Bells Beach



ベルズビーチはオーストラリアのベストライトハンドブレイクの一つに選ばれている、とても有名なサーフポイントである。

年中通してコンスタントに波があり、潮の満ち引きや風向きに関係なく、南東から南西のうねりでサーフ可能となっている。

ベルズビーチには、いくつかのポイント名が付けられており、大まかには3つに分けることができる。

一番奥からリンコン、ベルズボウル、そして最後はショアブレイクでフィニッシュとなっている。

ベルズビーチから近い他のポイントは以下の通り。

Winkipop
Jun Juc
Point addice
Torquay
Point roadknight
Anglesea
hut gulley



サーフボード


デカ波のレベルがゴールドコーストの比じゃない。

今持ってる「DHDのSweet spot2.0の6'0」じゃ短いだろうから、6'5ぐらいのボードを用意して行かないと、デカ波に乗れないだろうな。

まぁ現地調達でもいいかもね。



ベルズビーチの波


波質:リーフ、レギュラーポイントブレイク
ベストな波のサイズ:4-10ft
うねりの向き:南
風向き:北、北西
潮周り:満潮時はRinconで干潮時はThe Bowl




水温


ベルズビーチの水温は、以下のグラフの通り。



一番低いのは8月中旬で12℃前後、真夏の2月では16℃から19℃までとなっている。



ウェットスーツ


5/3mから4/3mのフルスーツで年中カバーできると、あるサイトには書いてあったが、もし向こうに行って風や水温の寒さに耐えれなえれば、ブーツやヘルメットをリップカールショップで買えばいいさ。


フライト


ゴールドコーストからメルボルン。

Jet StarやVirgin australiaが飛んでいる。

フライト時間の早さと、運賃の最安値で選びたいところ。

例えばVirgin australiaで調べてみると、以下の通りだった。


ゴールドコースト空港 6時30分発 Tullamarine空港 8時55分着 145ドル

Tullamarine空港 20時20分発 ゴールドコースト空港 22時25分着 165ドル

レンタカー


Tullamarine空港からベルズビーチまでの移動は、レンタカーを利用する。

空港からベルズビーチまでは車で約1時間30分。114kmの距離だ。

Rentalcars.comで検索をかけると、数十社のレンタカー会社から選ぶことが出来る。

サーフボードを何本か積む必要があるが、一人サーフトリップを想定しているので、4人乗りの小さい車で十分なはず。

安い所でだいたい一日27.73ドルなので、そんなに高くはない。



バックパッカー


一番安い宿はやはりバックパッカーかなと思う。車で寝てもいいんだが寒いでしょ(笑)

ベルズビーチまで車で11分の距離にある、「Bells Beach Backpackers」には駐車場、Wi-Fiが付いている。

1泊で36ドル。

ベルズビーチまでの距離は11分なので割と近い。

食事


オーストラリアの食事はどこで食べても同じようなもの。

味が濃くて、出来合いのソースを使用している所も多いから、外食だけで乗り切るのは体力的に不可能。

ルクエでご飯を炊きながら、スーパーで野菜と肉でを買ってきて自炊で乗りきるのが一番かなと思っている。

バッパーでステイならカレーでも作って、仲良くなった奴らに食わせるのもありかも。

ざっと頭の中で考えて、一日の食費を50ドル用意。

お酒とコーヒーも好きなだけ飲みたいので、もう少しあったほうがいいかな。


ガソリン代

空港からベルズビーチまでの走行距離が114km×往復。 

バックパッカーとベルズビーチを一日3往復で60km。

それを空港からベルズビーチまでの距離と合わせて、290km。

大まかに300kmと考えて、ガソリンが120セントから140セント。

レンタカーはリッター12kmぐらいで走るかな。

一日だけだとしたら、ガソリン代は35ドルもあれば大丈夫だね。



サーフィンの他に行きたいところ



Australian National Surfing Museum

サーフィンミュージアムがあり、ここでサーフィンの歴史を見ることができる。

波乗りの合間に行くべきだな。



まとめ



妄想を頭の中だけで膨らませ、「いつか時間とお金があればね」と言いながらおじいちゃんになるのが嫌なので、本当に行くつもりで調べてみた(笑)。

スケジュール的には3日間で十分だと思っている。

気に入ればまた行けばいいんだから。

予算は大まかに飛行機代も全部ひっくるめて、2泊3日で700ドルもあれば行ける、との結果が出た。

時間とお金の都合がつく前に、計画だけは進めておこうとゆうサーフトリップ。

ベルズビーチにはぜひ行ってみたいと、心から願っている。





参照元 http://www.surf-forecast.com/breaks/Bells-Beach/seatemp




【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ぼくもすでにオーダー済で、日本から届くのを心待ちにしているところだ。

売り切れになる前に手に入れなきゃならない1枚だ。





【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。