キーワードで検索

【サーフガイド】スピットで波乗り、肩から頭サイズでランピーコンディション





今朝も元気にサーフガイド


昨夜まではオフショアだって言ってたのに、サンライズ前からオンショアが吹いてて、海はボヨボヨコンディションになってしまった。

どうしたらお客さんに喜んでもらえるのか。

どこに行けば楽しめる波があるのか。

自分の知識だけでは決めかねていたので、ローカルサーファーのスコットさんにも聞いて、ライブカメラであちこちの波をチェックしてから、最終的に決めたのは北の端のビーチブレイクだった。









スピット


その日の一番小さい波に乗りたいとゆうお客さんの希望を叶えるために行ってみたのだが、なかなか優しくないランピーコンディション。

普段はソフトで乗りやすい波なスピットで、日本人サーファーに人気のあるスポットなのだ。

何はともあれパドルアウト。

アウトではとっても意地悪な水の流れがあり、ピークがあるところで待っているとインサイドにどんどん引っ張られてしまうとゆう、トリッキーなコンディションだったのだ。

こんな時は波を待つことは出来ない。

自分からどんどん動き回って、波を追いかけていかなければならないのだ。

こんなコンディションは全然優しくもなんともなく、ただパドルがキツイだけ。

ゴールドコーストの海ってこんなに意地悪だったっけな?

って思いながら、ぼくは波を追いかけまわしていた。

ぼくがピークから回り込んで波を取り、ショルダーにいるお客さんに乗ってもらうとゆう作戦をやってみるものの、そんな簡単では無いよね。

本当は風の全くない日に、モモコシくらいの優しい波にご案内してあげたかったのになぁ。

ゴールドコーストの海って、なんでこんなに意地悪なの?








そしてそれと同じころ、D-bahではこんな波が割れていたのだった。。。



スコットさんから送られてきた自慢のネタ。



お客様、本日はサーフガイドをご依頼頂きまして、誠にありがとうございました。

ゴールドコーストへお越しの際は、またご利用ください。











【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!















【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。