【アクシデント】ディランくんが、サーファーの前乗りをして衝突。しばらく動けなくなった彼を見て、ローカルサーファーがとった行動がクソだった件







胸糞悪い朝になってしまった。

波はすごく良い朝だったんだ。

余るほどのファンウェーブがたくさんあったから、そこで入ってたローカルは誰も波の取り合いをしようとしなかったんだ。



だから本来ならばメローなローカリズムの中で、楽しいサーフィンができるはずだったのだ。

ぼくとディランくんは、夜明け前からオーシャンストリートでパドルアウトしていた。

ここはぼくが3年近く住んでいたストリートなので、顔見知りが何人かいる。

今朝海に入っていたのは、全員知ってる顔だった。







ディランくんはボディーボーダーで、そこにいたのはほぼみんなサーファー。

取り合いするほどの波でもなかったのに、ディランくんは不意にドロップインをしてしまい、スープから抜けてきたサーファーに気づかずに、思いっきり衝突されてしまったのだ。


一歩違えたら大けがになるところだった


まぁこんなの良くあることだし、双方が謝れば済むだけの話。

だけどビックリしたことが起きてしまったのだ。

サーフボードと衝突直後のディランくんが、水面に浮いたまま動かなかったのだ。

少し離れていたぼくに聞こえてきたのは、ローカルサーファーの口から放たれていた「ファッキンなんたら」とゆう良くない言葉。

ディランくん怒鳴られてた。。。

前乗りされたら怒るのが普通みたいな空気が、海に入ってるサーファー間の暗黙の了解みたいに思ってるやつもいるが、それは絶対に無い。

常識的なことを言うが、海の中でも人としてのマナーは守らなければならない。

だから必要以上に怒鳴ったり、罵ったりする必要などどこにもないのだ。

そのローカルサーファーは、めちゃくちゃ悪い奴だった。

だってサーフボードで身体を強打し、苦しんでるディランくんをほったらかして、パドルで離れていったのだ。

このローカルサーファーがとった行動は、完全にクソだったのだ。

この際サーフィンのルールなんて関係ない。

自分が故意にぶつけたとか、そうじゃないとかも一切関係ない。

ケガをしたかもしれない人のケアをしないで立ち去るなんて、人として許されることじゃないからね。

まぁ幸いディランくんに目立ったケガはなく、その後連絡が来て何ともないと言っていたから良かったけど。

あのローカルサーファーってのは、ぼくがオーシャンストリートに住んでた時から気に入らない存在だったんだけど、さらにムカつく奴になっちゃったな。

ぼくもディランくんも大人だからさ、そんな奴とっ捕まえてあーだこーだはやらなかったんだけどさ。

向こうに聞こえる声で思いっきり、「ファッキンファッキン」って文句言いまくってやったからまぁいいっかって(笑)

でもほんとはぼくはずっとムカついてたんで、さりげなーくそいつのピーク側に移動して前乗りを誘ってみたんだけど、見事に乗ってこなかったね(笑)

そいつは気まずい顔してたんだけど、そうだと思うならディランくんを気にかけるべきだったんだな。

まぁこんな奴はいつか必ず罰が当たるので、放っておこうかと二人で話し合ったのだった。

まぁ他人へのケアは怠らずにしなきゃなって改めて思い直した、胸糞悪い朝であった。






【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。